元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

経典・写経

写経 その二十八 〜書き初め 2018〜

写経 その ↓ 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、 二十一、二十二、二十三、二十四、二十五、二十六、二十七 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、…

写経 その二十七

写経 その ↓ 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、 二十一、二十二、二十三、二十四、二十五、二十六 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写…

写経 その二十六

写経 その ↓ 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、 二十一、二十二、二十三、二十四、二十五 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連…

写経 その二十五

写経 その ↓ 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、 二十一、二十二、二十三、二十四 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 …

写経 その二十四

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、 二十一、二十二、二十三 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 秩父巡礼…

写経 その二十三

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、二十一、二十二次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 只今、チャリ友ゾウ…

写経 その二十二

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十、二十一次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 → 祖母の死 祖母の通夜・葬儀…

写経 その二十一

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、 十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九、二十 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 → 祖母の死 二週間前の父の時と同じ…

写経 その二十

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八、十九 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 霊場札所・納経の「為」の他は、 何かの「願…

写経 その十九

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 久しぶりに現代文字の写経にトライ。 やっぱ、いい…

写経 その十八

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五、十六、十七 次男の写経 その → 一、二、三、四、五 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四、五 → 「写経」関連の記事 ・・・何年ぶりだろう。 雨のせいか、静かな朝に、 珍し…

葬儀の「清め塩」について

→ 枝折りのみち - はかもと(無縁彷徨)は引っ越しました はてなアンテナに入れて、 いつも読ませて頂いている、 こちらのブログにこんな記事がありました。 浄土真宗の考え方ですね。 宗旨なので文句を言うつもりはないんですが、 神仏習合のスチャダラ・ブ…

「現代親鸞入門 〜真宗学シリーズ(1)〜」

→ 文殊山 常圓寺 本坊 その三 〜 お彼岸 2010春 〜 昨年春のお彼岸のこの記事に対して、 この時の法話の本多静芳先生より、 直接こんなメールを頂戴しました。 突然のお便り失礼いたします。 昨年、三月、船橋市の常円寺さまで、 お取り次ぎをしました、本多…

写経 その十七 & 万年毛筆 その五 & 次男の写経 その五

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五、十六 次男の写経 その → 一、二、三、四 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四 → 「写経」関連の記事 次男に長年親しんだ、 開明万年毛筆・スタンダード(3150円)を譲ったので…

次男の写経 その四

次男の写経 その → 一、二、三 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四 写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五、十六 → 「写経」関連の記事 昨夜の私の指導がよほど悔しかったのか、 今日も黙々と写経に勤しむ次男です…

次男の写経 その三

次男の写経 その → 一、二 万年毛筆 その → 一、ニ、三、四 写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五、十六 → 「写経」関連の記事 小5の次男が写経を始めて五日目、 そして私からマイ万年毛筆を手に入れて三日目…

万年毛筆 その四 & 写経 その十六 

万年毛筆 その → 一、ニ、三 写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五 次男の写経 その → 一、二 → 「写経」関連の記事 写経にハマってしまった次男へと、 四年愛用した開明万年毛筆・スタンダード(3150円)を譲っ…

次男の写経 その二 & 万年毛筆 その三

次男の写経 その → 一 万年毛筆 その → 一、ニ → 「*[家族] 次男」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地 ご存知の通りとっても凝り性な次男です。 授業参観の代休だった今日も一日中、 写経がやりたくてやりたくて…

次男の写経デビュー

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四、十五 → 「写経」関連の記事 さて、次男の書初め作品をupしてから、 師と弟子は、その作品の癖や反省点を分析しました。 おい、reiよ、もっとうまくなりたいなら、 是非、写経…

写経 その十五

写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三、十四 → 「写経」関連の記事 さてさて実は今日から、 "遅い夏休み"第二弾の四連休。 明後日の日曜は、今度は長男と二人旅、 坂東三十三ヶ所観音霊場、 栃木・茨城の残り四箇所にお参…

写経 その十四

→ 「写経」関連の記事 写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二、十三 さて、四連休初日の土曜日。 いつもならば迷わず昨日より再開している眉二郎参りですが、 かみさんがマンションの夏祭りの会合出席の為、 珍しく夜の部に参戦す…

浄土真宗本願寺派 習志野布教所 照光寺 その二 〜義父の十三回忌&41th誕生日〜

宗派 浄土真宗本願寺派 本尊 阿弥陀如来 275-0001 習志野市東習志野3-12-12*1 公式サイト http://sho-ko-ji.org/ 公式ブログ http://www.kaikyou.net/narashino-fukyosho-shokoji/ 浄土真宗本願寺派 習志野布教所 照光寺 → その一 誕生日 → 2005、2006、2007…

写経 その十三

→ 「写経」関連の記事 写経 その → 一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、十二 昨日お寺とシュバルツカッツェさんに、 褒められたからという訳ではありませんが、 坂東三十三ヶ所観音霊場も、 後残りたった10ヶ寺ですから、 茨城と栃木の間で一泊…

「NORA」流しそうめん会

主催 ほたる野を守るボランティアグループ「NORA」 日時 8月24日(日)午前11時30分〜午後1時30分 275-0002 習志野市実籾2 実籾自然保護地区ほたる野 公式サイト → http://www.city.narashino.chiba.jp/hiroba/tasukeai/volunteer/field/kanky…

日蓮「立正安国論」全訳注(講談社学術文庫)

→ 「日蓮」関連の記事 過去に何度か書いておりますが、 正直なところ、 私は日蓮さんがそもそも苦手でした。 おそらくその最初は、 子供の頃に好んで読んだ様々な偉人の伝記や、 萬屋錦之介さんの主演映画、 「日蓮 [DVD]」を観てから始まり、 信濃町の会員…

「国の宝」について その四

「国の宝」について → その一、その二、その三 昨日、栴檀さんからメールを戴き知ったのですが、 真如苑さんがニューヨークでの競売で落札した、 運慶作とみられる大日如来座像が、 「調査に協力する」という名目で、 東京国立博物館に寄託されるそうで、 なん…

ウルトラ兄弟と如来について

→ 「ウルトラ」関連の記事 さて、今日は一転、晴れたので、 八千代市に残る「藤原時平」伝説を追ってみようと、 子供と三人、車で家を出て、 まずはガソリンスタンドで給油したのですが、 あまりのガソリンの高さに怖気づき、 ちょっと渋滞していただけで、 …

「国の宝」について その三

「国の宝」について → その一、その二 ニューヨークでオークションにかけられた、 運慶作とおもわれる大日如来坐像。 初めは三越さんが落札したことを喜び、 その二を書いたのですが、 その後のニュースで、三越さんは、 ただのオークションの代行であったこと…

「国の宝」について その二

→ 「国の宝」について その一 お彼岸のお中日ですね。 今日はあいにくの雨ですから、 土日お墓参りはとんでもない混雑になりそうです。 平日の代休にかみさんと二人で行こうかなぁ〜。 さて、今日の朝日小学生新聞を読んでいますと、 (おいおい、ニュースソー…

「国の宝」について

お隣の韓国では、 「国宝第一号」の南大門が、 放火により焼失してしまったそうですね。 六百年前建てられた建造物が、 一人の心無い放火犯に燃やされてしまったということは、 韓国国民ならずとも、人類の文明の遺産が、 また一つ地上から消え去ったという…