元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

サッポロビール 千葉ビール工場

273-0014 船橋市高瀬2 
公式サイト http://www.sapporobeer.jp/brewery/chiba/

サッポロビール千葉ビール園 → その一その二その三その四
→ 月曜の昼間から海を眺めて新鮮ビールでジンギスカン計画
→ 恵比寿の恵比寿神社




最近、日比谷動物園は、
同期入社のモデラー馬琴(一つ年下)や、
一期後輩のベア岡(同い年)などという、
個性的なのん兵衛が急激に増えてしまったので
不滅のワン・ツーとは言い難くなりましたが、
やはり、ジャラ男(元アリエネー=「毛むく・・・」)と私は、
アルコールなしでは生きてはいけない悲しき二人であります。




さて今日は二人、
船橋サッポロビール千葉ビール園に遠征してみました。
元々、ビール園で飲むことだけが目的でしたが、
ビール園バスに同乗した方々の様子を見てみると、
この人たちは、ビール工場を見学するようです。




サッポロビール 千葉ビール工場   




通常、ビール工場の見学は、上の公式サイトより、
インターネット予約をしなくてはなりませんが、
ダメ元で、受付に行ってみれば、
この回の参加者は定員に至っていない為、
特別にOKを頂きました。




ヱビスビール空缶神輿 



受付ロビーにこの「ヱビスビール空缶神輿」がありました。
草加青年会議所が環境問題の提起のため作り、
サッポロビール川口工場に寄贈したそうですが、
その閉鎖の為、こちらの船橋に移ったそうです。



さて、見学コースは撮影禁止の為写真はありません。
選任ガイドの美しいお姉さんが、
丁寧にサッポロビールが出来るまでを説明して頂けます。



恵比寿工場閉鎖に伴いこの地へと移り、
今年六月に創立20周年を迎える、
サッポロビール千葉ビール工場です。
敷地面積は、17万2000㎡に及び、
年間製造能力は350ml缶に換算して約9億本になるそうです。
こんなに大きな工場なのに、
選任の従業員はたった約130名・・・。
ガイドのお姉さんや、
関連会社の人を含めても、
200数十人にしかならないそうです。




なにぃ〜、うちの事業所の方が、
人、多いんだ・・・。
うちは効率悪い訳だよねぇ〜。
労働集約産業ってやつだなぁ〜。
はぁ〜。




マリンラウンジ 




さて四十分の見学コースを終えると、
お待ちかねの出来立て生ビールの試飲タイム。
見学コースの廊下にも、
「出来立て生ビールまであと○○○m」と、
のん兵衛の気持ちを煽ります。




出来立てヱビスビールとビアクラッカー   




ビアクラッカーを一袋もらい、
20分飲み放題の試飲タ〜〜イム♪  
  



出来立てのヱビスビールと、
これにぴったり合うビアクラッカー。
うまんだなぁ。これが。(←他社の昔のコピーだ。)
いくらでも飲めちゃうねぇ〜。




がんばれ、サッポロホールディングス
黒船(アメリカ系の投資ファンド)なんかに負けるな!!。




人気ブログランキングへ ← 二つのランキングに参加しています。
にほんブログ村 グルメブログへ ← 応援クリックをお願いします。

サッポロビール 千葉ビール園 その四

273-0014 船橋市高瀬2サッポロビール千葉工場内 
公式サイト http://www.sapporobeer.jp/brewery/chiba/shisetsu/
参考サイト http://r.gnavi.co.jp/g175401/




サッポロビール千葉ビール園 → その一その二その三
→ 月曜の昼間から海を眺めて新鮮ビールでジンギスカン計画
→ 恵比寿の恵比寿神社
→ サッポロビール千葉ビール工場




出来立て黒ラべルとジンギスカン   




無料の20分で散々ヱビスビールを飲んだのに、
やっぱり、ここに来ちゃいます。




今日は三種ジンギスカン(手もみ・塩漬・味噌漬・)食べ放題(90分2500円)と、
飲み放題(90分1500円)の計4000円コースです。




やっぱり黒ラべルも最高。
うめえなあ、もう。(←最近こればっかり。)




がんばれ、サッポロホールディングス
うまいビールの為なら、
鎖国(TOB提案拒否)でいいぢゃないか、いいぢゃないか!!。




にほんブログ村 グルメブログへ ← 二つのランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ ← 応援クリックをお願いします。