元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

【御府内第六十五番】明王山 大聖院

makoto-jin-rei2005-05-12

宗派 真言宗智山派
本尊 大日如来
108-0073 港区三田4-1-27




めざすお寺は完全なビルそのものです。
ビルの玄関の右脇に、石仏と標石です。

ありゃ、不動明王より、両童子のほうが大きいね。
作り手がちがうのでしょうか。



第三十二番 圓満寺さんもビルでしたが本堂は最上階でした。
ですがこちらは一階です。神道の神棚であれば、人が上を踏む、
下階に祀るのであれば天井に「雲」「天」「空」と書かなくてはいけません。
須弥山を中心とする仏教の世界観ではそんなことどうでもいいんでしょうか。
法華経では多宝如来や、地涌の菩薩も地下から出てくるくらいですから。(笑)




戦災を逃れた本尊と、その前立の弘法大師作といわれる不動明王
そのすぐ横に私の写経。感激です。
でも不動明王は彩色もしっかりしていましたから前仏でしょうかね。

歴史ランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 一日一回クリックをお願いします。