元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

【御府内第六十六番】白龍山 寿命院 東覚寺

東覚寺

宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王
114-0014 北区田端2-7-3



まず目につくのは赤紙仁王尊。
寛永十八年(1641)に疫病を鎮めるために宗海さんて僧により
造立されたとのこと。疾患のある人が仁王のその部分に
赤い紙を貼り祈願すれば回復するとされています。
横の草鞋はそのお礼の品。

でもさぁ、いくら仁王様でも、顔面に赤い紙貼られたら、
「ウザい」でしょ。それに顔面の疾患ってそんなに多いのかな。
顔の「疾患」ではなく「配列」の悪さは直らないでしょ。(笑)
札所には赤札がすべて剥がされた仁王尊の写真がありましたが、
失礼ですが「ぽっちゃり系」のかわいいお顔でした。

歴史ランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 一日一回クリックをお願いします。