行列のできる・・・店

写真と記事の内容は関係ありません




休日出勤の代休に妻と二人で、
家の近所の有名ラーメン店に行ってみました。



都内の超有名店で修業した店主。
雑誌やテレビでもひっぱりだこで、その師匠が引退した今、
その系列のファンは郊外からも足を運ぶといいます。



私もジロリアンとはいえ、そちらの系列も嫌いではありません。
ただいつも大行列なので「子連れ」を遠慮していました。



さて、大行列に並び、やっとのことでありついたラーメンなのに、
今日のこのブログに店名やちゃんとした写真がupされていない理由は、
賢明な方々のご想像の通りです。




多分、開店当初は違かったとおもうんです。
言葉遣いは丁寧でも行列を「さばく作業」はまるで牛飼いのようで、
行列中に聞かれた注文は、前の客の食べる速度により、
タイミングが変わるはずなのに機械的に作られています。
実際、妻と私の麺の茹で加減は私が水でしめる「ひやもり」で、
彼女がしめない「あつもり」であったのに、私の方がのびていました。
麺の材質も、茹でる時間を短縮するためか軟弱な細いもので、
本家のそれとは違いました。



いろいろ行列店をみてきましたが、
まさにその悪い例の典型でしたねぇ・・・。





繁盛するのは結構なんですが、
「忙」しがって「心」を「亡」くしていると
お客さんも無くしますよぅ。




かくいう我等も「サービス業」。




行列はないのですか、
リストラ、リストラで、
随分「心」を「亡」くされちゃいました・・・。




こんなんじゃダメだよなぁ・・・。



日本○○、日本企業、日本経済。



歴史ランキングへ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ