元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

恥ずかしい病気?! (肛門周囲膿瘍・痔瘻)

診察券

病気になってみると、
つくづく健康の有難さが身にしみて分かります。
健康ほど大切な財産はありません。





・・・って、なんでこんな話から始まったかというと、
私、今日会社を早退して、病院に行き、たった今帰ってきたところなんです。
いまもこれ、ソファに寝そべって、横になってパソコンいじってます。
つまりイスに座れないんです。(失笑)




病気に「恥ずかしい」「恥ずかしくない」という区別はおかしいんですが、
やはりなぜか下半身の病気というのは恥ずかしい・・・。
私のような医者嫌いの大酒飲みや胃腸の弱い男性の為に、
恥を忍んで事の顛末を告白します。




あまりキレイな話ではないので、興味のある方だけご覧ください。


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ 歴史ランキングへ ← またも歴史とはほど遠い・・・。


話は約五年前に遡ります。




尻のほほにビー玉大のおできができました。
痛くも痒くもないのでそのまま放っておきました。




しばらくたつとビー玉がピンポン玉大くらいになっていました。
その頃になると、肛門にちょっと違和感があったんですけど、
おできとは別物だと勝手に判断して、さらに放置。



さらにしばらくすると、
ちょっとした体の動きで肛門に激しい疼痛を覚えました。
激痛は日々増すばかりで治る気配もなく、
おできを確認すると鶏卵よりも大きくなっていました。
咳やくしゃみ一つで、脳天から突き抜けるような痛みを浴びるんです。
大の男が「うぎゃぁっ。」と、悲鳴を上げるような痛みなんです。
さすがにおできが無関係ではないと思い、
医者に駆け込んでみれば、
医者嫌いにはおなじみの先生のセリフ、
「なんでこんなになるまで来なかったんだ!!。」を聞くことになります。




病名は「肛門周囲膿瘍」。
参考サイトhttp://katei.health.yahoo.co.jp/katei/bin/detail?sc=ST050190&dn=2

これを放置すると参考サイトのように「痔瘻(じろう)」になってしまうそうです。
その時はすぐにその場で、切開する処置をうけ、
幸い「痔瘻」にならずにすみました。




今回もまた、
その悪魔の「痔瘻予備軍」に襲われているかもと自覚したのは金曜日。
肛門の横にピンポン玉大の、例の悪魔がいるじゃないですか!!。
土曜、日曜と、妻子に黙って痛みに耐え、
奇跡の自然治癒を願ったんですが、
金・土・日・月と
「痛み」と「悪魔の体積」は急激に増すばかり・・・。




今日、バス・電車という振動移動拷問装置の激痛に耐え、
出社したものの力尽き、
カ○バ○に似たレフリー上司の前でマットを二回叩いてギブアップ。




帰宅して近所の肛門科に駆け込みました。
放っておいても痛いんですが、この処置もまた痛いんですよ・・・。
麻酔を周囲に打たれるんですが、これがまた激痛で、
当の切開も「本当に麻酔が効いてるの??。」っていうくらい痛い。




こんな症状に襲われたら、注意してください。
市販の「痔」の治療薬ではまったく治りません。
「痔」ではないのです。自然治癒もしないのです。



病院で切開してもらうか、
痔瘻」として破れでるかしかないのです。




と、いうわけで私の尻には「切開」というもう一つの穴があいております。