元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

梅上山 光明寺

光明寺

宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
105-0001 港区虎ノ門3-25-1
公式サイト http://www.komyoji.org/




おぼうさん、はじめました。の著者で
彼岸寺[higan.net]を運営する、
松本圭介さんが「執事」を勤める(?務める?)、
神谷町のこちらのお寺にお参りしてみました。



都会のど真ん中の寺院です。
ちょっと境内を散策してみましょう。
梵鐘
この梵鐘は延宝六年(1678)鋳造のものだそうですが、
戦争中に軍に供出されたものの、
平成八年(1996)年に奇跡的に無事里帰りを果たした縁起物。
焼死人之墓
こちらのお墓は「焼死人之墓」。
明和の大火(明和九年(1772)の犠牲者90人を供養したものです。
なにはともあれ合掌、「南無阿弥陀仏」。
常楽堂
その隣にはこちらの「常楽堂」。
「倶会一処」を実現させた納骨堂だそうです。




オープンテラス1  オープンテラス2
本堂正面の二階スペースには、
このオープンテラスが広がります。
冬季は休業なので寂しかったですね・・・・。
是非、春に再訪します。




本堂に鍵はかかってなかったので、
おそるおそる、ちょびっと開いて、
覗きこむように阿弥陀様に拝しました。




以前、あるお寺で本堂を覗こうとして、
引き戸に手をかけた瞬間に警報ベルが鳴ったことが、
トラウマになってしまいました。




かなり不審なお参り姿だったと思いますよ。
へっぴり腰で合掌、「南無阿弥陀仏」。(笑)

梅の花1 梅の花2
こちらのお寺の山号は「梅上山」。
天正十九年(1591)に第十七世住職の証高さんが、
徳川家康に紅梅を献じたことからだといわれています。
ほころび始めたこの紅梅も、その梅たちの子孫なのかもしれません。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
人気ブログランキングへ ← 予想通り落ちたランキング。久々の「巡礼」でどこまで上がるのか!?。