元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

刃物専門店 うぶけや

うぶけや





103-0013 中央区日本橋人形町3-9-2




私の多くの変わった趣味(?)の中の一つ。




それは毛を抜くこと。




ほっぺたの真ん中やアゴの下といったOB気味の場所に生えたヒゲを、
まったく痛みを感じることもなく、
毛抜きですーっと引き抜くことが出来たならば、
毛との勝負は抜き手の勝ちになります。(←なんのこっちゃ。)
まだ皮膚の表面にちょっと顔を出した短い毛なら、
なお、ひとしおの喜び・・・。あ゛ぁ゛。




ただしこれ、毛抜きが良くなくっちゃまったくお話にならんのです。




ここまで、読んで同感のあなた。(いない、いない。)
いい毛抜きがない。と、お嘆きのあなた。(います?)
私、代表してちょいと調べてみました。(なにいってやがんだい。)
そういうニーズは伝統工芸が満たしてくれるはずですよ。
ありました、ありました。
人形町天明三年(1783)から続く刃物専門店の老舗うぶけやさん。
屋号の「うぶけ」とは産毛のこと。
「うぶ毛も剃れる(包丁・かみそり)切れる(はさみ)抜ける(毛抜き)」
から、この名がついたお店です。
そしてなんとお店そのものが、
「うぶけや鍛造打刃物類」として中央区・区民有形民俗文化財 だって。




早速行ってみました。
お店はさすが、文化財
老舗そのものの佇まいの建物です。
店の奥からは、テンコンテンコン鉄を叩く音が聞こえてきます。
さてお目当てだった毛抜き(大)は、
なんと毛抜き一本ながら3,150円。
がっしりと重い毛抜きです。
女性用には毛抜き(小)2,100円(だったかな!?)もありました。
毛抜き 



ほ、ほ、ほ、ほ、ほほ、ほっ、、、



ほぇーっ。




なんすかーこれ、こんな短い毛までつかめるんですかぁっっっ。



びっくり。





せっかくですから、
この店で一番安い、人気№1商品の爪切り945円も購入。
爪切り 

私、骨と歯と爪が硬いのが自慢なんですけど。
私の厚い爪も、すぱっと切れる感じ。
切れない爪切りだと押し潰して切る感じなんですが、
これはまったく違いますね・・・。





こりゃ本物です。是非お試しを。




コーネリアスな紳士や、ジーラな淑女にもお勧めです。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
人気ブログランキングへ