幽霊の話


本当はこの話をするつもりはなかったんです。
でも、いろいろな心霊スポットを扱うサイトを覗くと、
アホな若者達が、面白半分の興味本位で、
幽霊が出るという場所で騒いでいるようなので、
若き日の私たちと同じ過ちを犯すことがないように、
老婆心でここに書きます。




私が大学生の頃の話です。
同じアパートの悪友四人組。
夜な夜な酒を酌み交わす他の楽しみは、
肝試しと称した、心霊スポット探検でした。
関東近郊の有名な心霊スポットには、
ほぼ全部行ったと思います。
でも一度だって、幽霊らしき影や、
心霊写真なんて撮れたことはありません。
「幽霊なんているはずない。」なんて思っていましたよ。
ほんと。




それはそれ以前にも何度か行ったことのあった、
アパートからほど近い、悲劇の落城の伝説がある、
戦国時代の山城跡でのことです。




暑い真夏の深夜のこと。
そこで会った同じような肝試しグループと合流し、
バカのように大騒ぎして山を登る大集団の私たち。
「森のくまさん」の替え歌で、「落武者」の唄を歌う、
そこであった悲劇を愚弄するかのようなバカ集団。




暑い夏の夜に、自分たちの吐く息が白いことに気付いたのは、
一番臆病な我等四人組の一人でした。
暑いのに、吐く息が白いんです。
それに気付いたチキンな彼は、
やがて息苦しさを訴えはじめました。
首が苦しいと泣くんです。
次第に、吐き気をもよおす者や、
肩が重いと、うったえる者が増えだしました。




我々の周りの草を踏み分けるような集団の足音が、
私たちを囲います。草が不自然に揺れるんです。




「ぎゃーぁっっっ。」




集団の一人が悲鳴をあげ脱兎の如く逃げ走りました。
おそらく何かが見えたのでしょう。
それを合図に全員がパニック状態。
悲鳴をあげながら山を下ります。
私は息苦しさをうったえる彼と一番後ろに山を下りました。
恐る恐る、何度が振り向くと、
白い着物を着た老婆のような影が、
ひたひたと私たちのあとに付いて来ています。
振り向くと、すーっと消えてしまうんですが、
他にも多数の人影が我々を追ってくるようでした。




どうにかこうにか山を下り、
アパートに辿りつき、
腑抜けのように、各部屋に解散。
布団をかぶり、
気絶するかのように寝付きました。




・・・するとほどなく部屋の扉が開きました。
普段は鍵なんてかけないもんですから、
さっきの怖さから抜けられない、
仲間の一人が尋ねてきたんだと思い、
起きようとおもったら、起きられない。




・・・金縛りです。




ピタ ・ ピタ ・ ピタ・・・、
骨と皮のような足の音がします。
あ゛、これ、さっきの老婆だって、すぐに思いました。
金縛りだけど、目は明けられそうな感じ。
でも怖くて明けられません。




私の枕元で座り込むかのような気配。
しわしわの手が私の顔を撫で廻します。
冷たく乾いた小さな手でした。
ぎゅっと私の首を一度ぎゅっと絞めると、
その人の気配は、またヒタ・ヒタと、扉のほうに戻りました。




ここで、私の金縛りは急に解けました。
解けると同時に、一番臆病な彼が、
半泣きで、私の部屋に飛び込んできました。
彼も私と同じ、訪問者をまったく同じように迎えたそうです。
後で聞くと、他の二人にも、
ほぼ同じ訪問者が来たそうです。




これで済めばたいしたことじゃなんですが、
この後、その四人とその家族や親類に、
原因不明の病気や、
信じられないような事故等の、
不幸が続きました。




四人のうちの一人の母親が、
とある新興宗教を信じていたようなんですが、
その幹部に言われたそうです。
「息子さん達は、多くの霊を怒らせた」って・・・。
結局、なんだかよくわからないまま、
その宗教の祈祷師(?)が霊を鎮めてくれたそうで、
その後は、なにもありません。




今ではほんと反省していますよ。
怒られて当然ですよ。
面白半分で悲劇のあった場所で肝試しなんて、
やっちゃダメだよ。あんちゃんたち。




実際、本当に幽霊がいるかどうかは分かりませんが、
人間の強い感情の「念」は、
電波のようにそこに残るんじゃないかなぁ。
それが「怒り」「悲しみ」「苦しみ」「痛み」なら、
よく強く、長く・・・。
それを受信しちゃうと脳の中で、
幽霊のようになって、目に見えてしまうのかも。




いえいえ、それだけじゃないんでしょう・・・。




ともかく、静かに眠る死者を愚弄するようなことは、
絶対やっちゃダメですよ。
はいっ。





にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
人気ブログランキングへ ← 一日一栗