元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

迷子のお知らせ

長男作の折り紙「椿」




かみさんとドラマを観ていたら、
デパートで派遣社員の同僚とはぐれた、
嘱託の老社員が、自らを「迷子」として、
呼び出しをお願いしているシーンを見て、
こんな話を思い出しました。




うちの長男jinは、幼い頃からかなり落ち着いている子供です。
滅多に慌てているような様子は見たことがありません。




あれは彼がまだオムツをしていた頃ですから、
多分二歳の頃の話。今から約八年以上も前のことです。




その頃かなり電車オタク気味だった長男。
二人でよく、今は無き秋葉原交通博物館に行ったもんです。




そんなある日の混雑した館内。
私と二歳の息子ははぐれてしまいました。
おろおろと必死に息子を探す私。




ここからは後で聞いた話なんですが、
慌てる私とは裏はらに、
冷静な二歳の息子は、
近くの係員の袖を引っ張り、
自分が父とはぐれたと、
クールに訴えていたそうです。




係「僕どうしたの。」
jin「迷子になっちゃったみたい。」
係「誰と一緒に来たの。」
jin「お父さん。」
係「僕いくつ。」
jin「二歳。」
係「どこから来たの。」
jin「千住。」
係「お名前は。」
jin「・・・(苗字)・・・・・・・・」




館内を必死で探し回る私に聞こえてきたのは、
こんなアナウンスでした。



(♪ピン・ポン・パン・ポン)



係「お客様に迷子のお知らせを申し上げます。
千住からお越しの、(苗字)makotoちゃん、
(苗字)makotoちゃん・二歳が迷子になられています。
お父様は至急一階受付までお越しください。」




ま、まま・ま迷子は俺かい。
し、しかも二歳?。




受付に走っていくと、
「やぁ、やっと来たね」顔の息子が待っていました。
誰が二歳の息子に、makotoちゃん呼ばわりじゃい。(笑)
あははは。




小4の今となっては、
長男もまったく覚えていないそうです。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中。応援クリックをお願いします。