キッチン南海本店 その二

ご主人が南海ファンだったらしい

101-0051 千代田区神田神保町1-5
参考サイト → http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/4455.html




→ キッチン南海本店 その一




何度も書いておりますが、
私はかなり極端な性格をしています。
そしてその行動も、
常人では理解出来ないほどに極端に動きます。
そもそも現代ではもう誰もやろうともしない、
御府内八十八ヶ所を順打ちでお参りしてみよう。」
・・・なんていうのがその表われですね・・・。
とにかく何かに凝れば、徹底的にそれを研究します。
なおかつ、それを後回しに出来ないんです。
今やれる事があれば、すぐにやる。
そして終われば、すぐに別のこと。
仕事のやりかたもそのまんまなんです。
集中して仕事して終わったら、あとはプラプラ遊んでいる。
だから上司の評価も、
「あいつは能力があるのに、いつもサボってばかりいる。」
と、いうお決まりのものばかり・・・。




なんだか、愚痴になってしまいました(汗)。
何が言いたかったかというと、
昨日、誤って消去してしまった、
カツカレーの写真。
とにかくすぐに撮ってupしないと、
私の性格上、気持ちが悪いのです。
でもさすがに美味いカツカレーといえども、
二日連続で食べるのは、どうかと・・・。




昨日一緒ではなかったダイエット中のアリエネー。
「カツカレーをおごってやる!!。」と、
嫌がっている首根っこを猫づかみにして、
無理矢理、神保町に拉致します。
「お前は俺の写真撮影用のカツカレー、
俺は、クリームコロッケと生姜焼き定食(700円)。」
なんという独裁的な部下への昼食のおごり方・・・。
・・・前代未聞のバカ上司。

ホカホカサックサクでトローリのクリームコロッケ、
がっしりしっかり生姜焼き、
そして、洋食の象徴、付け合せのスパゲッティ。
いやぁ、やっぱり定食も美味いです。

嫌々食べ始めた、
私の写真撮影後のアリエネーのカツカレー。
わずか一口で「ウマイ、ウマイ。」とガツガツ食べ始めました。







しかし、これでは太る一方。
タヤパンではありませんが、
神田神保町周辺はホント、メタボのデンジャラスゾーン。
シャーマンな読者の方がいたらお願いします。
ある程度の体脂肪を蓄えた者が、
この地区に立ち入ることの出来ないような、
結界をはっていただく訳にはいきませんでしょうか。


にほんブログ村 グルメブログへ
人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中。応援クリックをお願いします。