元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

DVD「父親たちの星条旗 |硫黄島からの手紙」

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
父親たちの星条旗 (特別版) [DVD] 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD]




→ 「栗林忠道」関連の記事




遅ればせながら、
クリント・イーストウッド硫黄島二部作を、
続けざまに観てみました。




父親たちの星条旗」は、
アメリカらしくアメリカを描いた作品でした。
アメリカという国のこういう部分は、
後のベトナム戦争を舞台に描かれることが多いので、
米兵が闘っている相手が、
どうも日本兵にみえなくて困りました。
日本兵の姿を極力描写しないのは、
二部作目の「硫黄島からの手紙」の為なのでしょう。




何度か書いていますけれども、
硫黄島からの手紙」は、
アメリカが作った映画としては、
初めて日本人が、日本語で話す映画です。
細かいところに文句を言えば、
史実と少し違っていたり、
あれ??っていう感じの表現もあります。
それに、もっと日本兵の環境は悪かったはずです。
硫黄ガス・一酸化炭素の噴出、
地熱による過酷な暑さ、
水不足による渇き、下痢、
そして絶望的な飢え・・・。




渡辺謙さんの「栗林忠道」は、
なかなか気合が入っています。




全体的に通してみれば、
この硫黄島二部作は、
硫黄島の悲劇をまったく知らない人々へ、
戦争の愚かさ、悲惨さを伝える、
素晴らしい作品に仕上がっていると思います。



世界が忘れてはいけない島がある。

「世界」かどうかは分かりませんが、
私は日本人として・・・、




絶対に忘れません。







【以下蛇足】
だけど、ちょっとやっぱり、
悲惨さの表現が不足なのかなぁ・・・。
我が職場の私より五つ年上の、
ケサラセラ・イケちゃんです。
お寿司はサビ抜き、
お酒は青リンゴサワー、
鉄道と懐かしのアイドルと局アナ大好きな、
二人の娘を持つ、42歳のおっさんです。
(ある意味、私と対極なおとっつあん。)




硫黄島二部作観たどー。
話が暗くて、あんまり面白くなかったどー。」




あのねぇ・・・、イケちゃん。
あんたは、「ランボー」か、
アルマゲドン」でも観てなさい。




人気ブログランキングへ ← 二つのランキングに参加中。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← どちらも応援クリックをお願いします。