元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

騎兵第十三連隊跡 〜東邦大学習志野キャンパス その二〜

東邦祭

274-8510 船橋市三山2-2-1
公式サイト http://www.toho-u.ac.jp/
学園祭サイト → 東邦祭




→ 「習志野騎兵」関連の記事
→ 【他の巡礼】騎兵第十四連隊跡・戦車第二連隊跡
→ 【他の巡礼】東邦大学 津田沼キャンパス その一




さて我が家は二日連続で東邦大学にやって来ました。
今日のかみさんのお目当ては、
ノーベル物理学賞を受賞した、
小柴昌俊さんの講演会ですが、
私のお目当ては、まったく人気(ひとけ)のない、
体育館の裏にあります。
記念碑群   
日大生産工学部内にあった、
騎兵第十四連隊跡と戦車第二連隊跡の記念碑群と、
ちょうど壁を挟んで隣り合います。
しかしあちらは習志野市でこちらは船橋市
騎兵第十三連隊発祥之地碑   
一番大きく立派な碑は、
平成五年(1993)に建立されたもの。
揮毫は当時の大橋和夫・船橋市市長という、
まったく面白みに欠けるもの・・・。(←失礼。)
騎兵第十三聯隊跡   
騎兵十四連隊にあった昭和八年(1933)に建てられた碑と、
そっくりな古い「騎兵第十三聯隊跡」という碑は、
半分植え込みの木の葉が被っておりました。
江戸後期の墓にもよくみられる堆積岩のような石質なので、
刻まれた字は削れて薄れかけていました。
政治家に揮毫頼んで新しい碑を建てている場合じゃないよ。
こっち、ちゃんと保存しましょうよ。
司馬遼太郎碑1 
坂の上の雲」で、主人公の一人、秋山好古を通して、
習志野の騎兵、そして近代日本の夜明けを描いた、司馬遼太郎
彼が亡くなった平成八年(1996)に、
騎兵第十三連隊会有志一同により建てられた文学碑です。
司馬自筆の文字で、こう刻まれています。
司馬遼太郎碑2   

「かつて存在せしものは
時代の価値観をこえて保存し、
      記念すべきものである。
それが 文明というものである」

          司馬遼太郎

まったくだよねぇ。司馬先生。
おっしゃる通り。
それが例え「負の遺産」でも、
保存出来るものは、保存するべきだねぇ。うん。
五面の塔 五面の塔の碑文   
隣にもありましたが、
こちらの五面形の塔も、
「勅諭拝受五十周年」を記念碑して、
昭和七年(1932)に建立されたものです。
こういう塔をなんと呼ぶのか知りませんが、
私が今までみたこれと同型の塔の多くは、
皇紀二千六百年を記念したもので、
「八紘一宇」と記されていたような記憶があります。
しかしこの塔には、左周りで、軍人勅諭の、
「武勇」「質素」「忠節」「禮儀」「信義」と、
陸軍大将・南次郎の揮毫で、刻まれています。
でも南大将はあんまり騎兵と関係ないじゃん(笑)。
柔空手道場  
記念碑群の左手にある東邦大学の柔空手道場です。
これ、かなり修繕していますが、
明らかに陸軍時代の建築物ですよ。
私が子供の頃にはまだこんな軍の遺物がたくさんありましたっけ。





にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ ← 応援クリックをお願いします。