元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

特別展「国宝 薬師寺展」東京国立博物館 その七

平城遷都1300年記念
2008年3月25日(火)〜6月8日(日) 
110-8712 台東区上野公園13-9
博物館公式サイト http://www.tnm.jp/ 
特別展公式サイト http://yakushiji2008.jp/



→ 薬師寺の日光さんと月光さんがやって来る〜♪
→ 「国宝 薬師寺展」その零
東京国立博物館 → その一その二その三その四その五その六




さて三連休の中日は朝から雨・・・(泣)。
だけどもどこかに遊びに行きたい・・・。
土日は混むだろうから、
平日に行こうと思っていた「国宝 薬師寺展」。
雨なら意外とすいているかも!?。




普通に誘っても妻子が総スカンであることは、
前回で学習済みです。
まずは子供から懐柔しましょう。
不忍池のボート(長男次男共通)と、
薬師寺展の仏像(私向け)と、
デュエル・マスターズ DM-27 極神編拡張第4弾 「完全極神」 BOX ユニオンモデル パイパークルーザー
秋葉原トレーディングカードショップで、
デュエルマスターズのレアカード探し(長男向け)と
飛行機模型ショップ探訪(次男向け)で、
息子達のハートは鷲掴みです。
しかしこの要素では妻は口説けず、
結局男子三人で、上野に向かいました。




ボート乗り場  不忍池   



 
上野に着いた時点では、
雨は止んでいましたが、
不忍池はとっても肌寒く、
ぶるぶる震えちゃいます。




スワンボートにて 



スワンボートの上で、
子供騙しの100円マック昼食を終えたら、
はやる気持ちを懸命に抑えた私は、
まるで「おしっこを我慢している競歩選手」。




当然ながら、
今日は「本日休館」ではありません。




「薬師寺展」月光と長男  「薬師寺展」日光と次男   




息子達に月光と日光のポーズをねだり、
うれしそうにシャッターを切る、
仏ヲタオヤジの私です。




「薬師寺展」日光・月光と息子達   


平成館の前でこの看板のマネもしましょう。
なかなか、いい微笑してるじゃん。
さすがはそこいらのガキとは比べ物にならないほど、
見仏歴を重ねた、我が子達。・・・合格です。



いやいや、国宝の、
「八幡三神坐像」も、
聖観音菩薩立像」も、
「慈恩大師像」も、
「吉祥天像」も、
普段の展覧会であれば、
しばらくその場から、
一歩も動けなくなるほどの、
堂々の存在感なんですが、
やっぱり、月光・日光の、
神々しい圧倒的な大きさと、
その完全な「美」には、
うちのガキどもも、
あんぐりとノックアウト。
二躯の周りを8の字のようにくるりと回ったら、
ただ呆然と、その足元に立ち尽くします。




前々から、仏像の見方とその特徴を、
私にレクチャーされている息子達。




次男曰く
「お父さん、このお二人におデコのポチ(白毫相)はないけれど、
もう、ちゃんと仏様に成りきっているお顔だよね。」




あぁ、そうだ次男よ。
やはりお前はたいしたものだ。




昨日の「鹿嶋様」もそうだけど、
私は、子供達がこういう偉大なる神仏の姿を前にして、
いかに自分達人間がちっぽけな存在であることを自覚して、
驕ることのないように、育って欲しいと願っています。




この後約束通り、秋葉原に行きました。
ほとんど秋葉原初体験の子供たち。
こちらの方がより強いカルチャーショックだったようですが・・・(汗)。




にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ ← 一位奪還!!。
人気ブログランキングへ ← こちらは少し落ちました。