元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

快速「SLみなかみ」号〜D51498〜

公式サイト http://jres.jp/jres/2008_sl/index.html
列車で行く群馬   




東京駅にてMaxとき  東京駅にてMaxとき




東京駅8:24発のMaxとき309号に乗って、




高崎駅のダルマ




9:19に高崎駅に到着しました。
上越線のホームに乗り換えます。



D51498が来た  高崎駅ホームの人混み



ほどなく、主役のD51498がやって参りました。
ホームはこんな状況です。
まるで私が子供の頃の上野動物園のパンダ舎のよう。
しかし機関車と喫煙所が近いというのは止めてもらいたい。




高崎駅のD51498  高崎駅長と記念撮影



私は特に鉄道ファンという訳ではありませんが、
いやいや、想像していたよりも、
なんとも動く大きな蒸気機関車
D51というのはかっこいい。
CO2を多量に吐き石炭の煤を撒き散らす。
まったくエコとはほど遠い存在ですが、
彼がここまで多くの人を惹き付ける理由が分かります。
ご機嫌の高崎駅長と記念撮影する息子達。
駅長は毎回この高いテンションなのでしょうか。(笑)




SLみなかみ号車内  




9:56、いよいよSLみなかみ号は高崎駅を出発しました。
車内に乗ってしまえば、普通の電車と変わりませんが、
高崎駅からしばらくは市街地なので、
煤を吐き出すことを遠慮してなのか、
スピードをセーブしているようです。
D51というのは低速が苦手なのか、
はっきり言って乗り心地は悪いです。




渋川駅のD51498



10:34、渋川駅に到着しました。
ここで30分停車して、
記念撮影等のサービスタイム。
並べば、運転台に乗せてもらい、
運転手さんの制服を借りて撮影が出来たのですが、
あまりの行列に諦めました。
電車の運転室に入るのは、
確か「鉄道事業法」か何かで、
資格者だけに限定されているはずですが、
蒸気機関車はいいのかな〜?。




じゃんけん大会の景品のステッカー




車内、車掌さんとのじゃんけん大会。
多くの真剣な鉄道ファンとお子様を押しのけ、
なんとうちのかみさんがゲットしてしまったこのステッカー。
ペラペラのシールなんですが、
なんとヤフオクでは3,000円の値が付けられていました・・・。




歓迎ムードの水上駅  水上駅



歓迎ムードたっぷりの水上駅に12:04に到着。
今日泊まるホテルのバスも待ってしましたが、
それをスルーして、
水上駅の先にある転車台前に向かい、
D51498の整備を見学します。




転車台  転車台
水上駅先のD51498  水上駅先のD51498



う〜ん。やっぱりかっこいいなぁ。
山道を登り、さらに熱くなった車体。
彼の体温が伝わって来ます。
オイルを入れたり、
石炭の燃え残りを捨てたり
多くの人に愛でるように整備されるD51498。
一度は展示車両となっていた彼は、
まさに文字通り「甦った」訳ですが、
彼が「生きる」というのは、
これだけ多くの彼を愛する人々に支えられているのです。




運転手の制服を着た次男



なんだか感動しちゃって、
整備をぼーっと見学していたら、
かなり見学者の数が減りました。
次男は、渋川駅では出来なかった、
運転手さんの制服を着て記念撮影。




石炭のプレゼント




なんと実際に使用されている石炭のプレゼント。
しかし、こんなの誰がもらうんだよと思ったら、
いましたここに「鉱石」大好きな子供二人。
だけど、他のコレクションとは一緒に出来ないね。
真っ黒になっちゃうよ。




いやいや、この転車台前の整備の様子の見学は、
とっても素晴らしいサービスです。
ここに来なかった人も多いようですが、
そりゃ、勿体無いですよ。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加中しております。
人気ブログランキングへ ← よろしければ応援クリックをお願い致します。