新・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住日本橋勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

【坂東番外】【秩父番外】定額山 善光寺 (信州善光寺)

宗派 無宗派 (天台宗別格本山・浄土宗別格本山)
本尊 一光三尊阿弥陀如来(絶対秘仏)
380-0851 長野市善光寺491
公式サイト http://www.zenkoji.jp/




→ 「善光寺」関連の記事




東京駅のキヨスク




長野新幹線あさま




長野駅



ほとんどいつもと同じ時間に家を出て、
東京駅から長野新幹線あさまで長野駅へ。
両駅ともにすっかり「御開帳」モード一色で、
すっかり気持ちを盛り上げて頂けます。




如是姫像




フィット




長野駅に10時に到着。
女人救済の寺を象徴する如是姫像にご挨拶して、
駅レンタカーでフィットを借り、
タヤパンの運転で、
ともかく善光寺の「大門」交差点近くの駐車場を目指します。





一般には「牛にひかれて善光寺。」と言いますが、
私達は「牛(タヤパン)の運転で善光寺。」(笑)
もっともタヤパン、ダイエットで痩せてからは、
"牛"度がすっかり下がっておりますが・・・。




長野の桜




長野の街は所々に渋滞しています。
しかしこれが御開帳によるものなのか、
普段を知らないだけに分かりません。
ただ桜はちょうど見ごろのようです。
今年は桜が二回観れてお得でした。





大本願





仁王門




阿形(左)吽形(右)





浄土宗の本坊、大本願を左手にみて、
「仁王の股くぐり」で有名な、
松戸の萬満寺がそのモデルになったという、
阿吽が左右逆にいらっしゃる、
高村光雲・米原雲海の金剛力士を祀る、
大正七年(1918)に再建された仁王門をくぐります。




世尊院



途中、塔頭の世尊院さんの寝釈迦堂でも、
同じようにご開帳が行われ、
本堂と同じように回向柱が建てられています。




延命地蔵




大勧進




途中、延命地蔵に一礼し、
仲見世を抜け、左手に天台宗の本坊、大勧進、
右手に六地蔵・濡れ仏の辺りに、
「最後尾」という看板を持った警備員さんがいらっしゃいます。




六地蔵



濡れ仏




回向柱最後尾




そうです。この長い列は、皆さん、
御開帳されている前立本尊の右手と、
紐で結ばれたこの「大回向柱」に、
ただ触れる為に並んでいるのです。




三門(山門)




善光寺 扁額




鳩と牛が隠れている輪王寺宮筆の有名な扁額のかかる、
寛延三年(1750)建立の重要文化財の山門をくぐり、
30分ほど並びようやく回向柱に到着しました。





大回向柱






回向柱に触れる



古から松代藩から寄進されていたという、
樹齢270年の太く長い柱に、祈りが込められます。
この今年の柱は、まだたった一週間の祈りの充電ですが、
触れるとビビビっと痺れました。



大回向柱と本堂



回向柱へと繋がる紐


ご開帳されている前立ご本尊と、
この紐で結ばれています。




本堂




本堂入口




さて、江戸時代の建築物としては珍しい国宝に指定された、
宝永4年(1707)再建のこの堂々とした善光寺の象徴の本堂。
高さ約27m、間口は約24m、奥行約53mと、かなり大きな国宝です。
500円支払い「参拝之証」をもらい、
本堂右側「内陣・前立本尊参拝御入口」に並びます。
ここからは撮影禁止。




幾多の人々に撫で続けられ、
目の窪みすら無くなった「びんずる」様。
ついつい、最近痛くてたまらない、左肩をさすってしまいました。
これまた30分近く並び、ようやく御開帳の前立本尊に拝します。
焼香する直前に、ちょうど正午になったのか、
絶対秘仏の本尊の瑠璃壇の幕が上がりました。
なんだか感動・・・。





善光寺境内の桜



ねじれ柱





一旦本堂左手から外に出て、
本堂後方をぐるりと並び、
本堂右手に廻る長い列。
伝説の「ねじれ柱」を見て、




ご朱印





ご朱印を頂き、本堂奥の地下入り口に到着しました。
これは真っ暗な本堂の下に潜り込み、
絶対秘仏のご本尊真下の、
極楽の錠前に触れる「ご戒壇巡り」。
不謹慎ながら、文化祭のお化け屋敷感覚で、
わいわい大騒ぎで列に並ぶ我々は、
ご錠前には無事触れましたが、
「極楽浄土約束」も、
「生まれ変わり」も、あやしいものです。




佐藤兄弟供養塔
石塔群



真田家供養塔、
徳川家廟所、
佐藤継信・佐藤忠信兄弟供養塔、
等などの古い石塔群は、
私達の本質の掃苔です。




忠霊殿・善光寺資料館




三重塔を模した忠霊殿は、戦没者を祀っています。
その下にある善光寺資料館は、
あまり期待していなかったものの、
なかなか仏像が立派でした。




爪彫阿弥陀如来堂爪彫阿弥陀如来



こちらは親鸞が爪で彫ったという、
「爪彫阿弥陀如来」。
最近?のお坊さんでは、親鸞が、一番、
温泉をみつけたり、杖を大木にしたりと、
もっとも器用な方かもしれません。




歴代回向柱




歴代の回向柱が眠るかのようなこちらです。
七年に一度といっても、数え年なので、
実際には六年間隔な訳ですが、
なぜ古いものは短いんだろうか。



地中に沈んだのか、それとも折れて差し直したのか。
結局理由は分かりませんでした。





輪廻塔
経蔵





南無阿弥陀仏」が刻まれた石車「輪廻塔」を回し、
今では回せないものの、やはり重文の「経蔵」の入場までが、
500円の「参拝之証」の範囲です。





ストラップ二種





授与品所で買った、
回向柱を模したお守りストラップは、
今回のお遍らーず三名のお揃いですが、
仲見世の有名な唐辛子屋さんの、
「根元 八幡屋礒五郎」のプチ缶ストラップは、
ワサビ派のタヤパンには「邪道」だそうで、
私とジャラオの二人のみです。





人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。