元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

大盛りそば 堀留屋 その七 (閉店)

103-0012 中央区日本橋堀留町1-6-10




大盛りそば 堀留屋 その → 




休み明けの月曜日。
どうしても"お詫び行脚"になることが多く、
今朝もそんなスタートです。




元々の予定であった、
とある実務部隊員の、
身内の不幸の"代打"の紹介とお詫びの後、
やはり金曜の夜に、
実務部隊員の"粗相"のあった得意先へと急行です。




しかし、早朝に首都高で大きな事故があり、
待てども待てどもなかなかやって来ません。



昼近くになってようやく、
ぐったりとなって事業所に戻ります。




そんな折、Big Mouseさんより、
突然、堀留屋さんへのお誘いです。
いいっすねぇ〜、行きましょう。




しかし、噂によると、
堀留屋の店主さんたら、
先週早々に、階段から転げ落ちたとか・・・。
Big Mouseさんも先週火曜に行ったものの、
臨休にフラれて泣き、
肉そばの"ブタ"が夢に出たとか・・・。
どうでしょう、復活してますでしょうか。
とにかく二人で行ってみました。



おおっ、やっています。良かった、良かった。
店主さんも「毎度。」と、元気そうです。
お話によると、
噂通り、先週始めに階段から落ち、
激痛で足が着けず、
翌日無理して店を開けたものの、
その次の火曜はギブアップ。
しかし痛み止めを服用し、
休んだのはたった火曜の一日だけで、
そのまま営業を続けました。
今日になってようやく、
鎮痛剤が不要になったそうです。
いやはや、すげぇ、根性。


「いつも来てくれるお客様の為に、
私には休まない義務があるんです。」
          〜by 堀留屋店主さん〜


かっこいいねぇ。





さて今日は、
Big Mouseさんは、肉つけそば(750円)太麺(田舎風)、
私は、もりそば(600円)細麺です。




まずは太麺が先になります。
つけ汁の用意の途中、
「あ、いけない。」と店主のつぶやき。
あらまた前回の私のように、
肉がなくなってしまったのか・・・・
「肉を入れ過ぎちゃった。いいですか。」
あんた、嫌なわけがないじゃないですか。
そんな訳で、大きな肉を一つ、
私もご相伴に預かりました。
いやーっ、さすが美味いよ。
Big Mouseさん、ごちです。





もりそば(600円)




私の、もりそば(600円)細麺がやっと来ました。
いやいや、またつゆも麺も確実に美味くなっています。
そして山盛り。うまい、美味い。
これで600円では申し訳ありません。




我々二人に対して、
「いつも、量、足りていますか??。」との、
店主さんのお言葉です。
「今度はもうちょっと盛りましょうか。」




いや、すげぇ、美味いんで、
まだまだ食べれそうな気もしますが
そんなに甘やかさないでください。
我らはまるで餌付けされた、
飢えた野生動物のように、
調子に乗ってしまうのでご注意ください。(汗)





にほ
んブログ村 グルメブログへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。