元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

「悼む人」




悼む人

悼む人





→ 「利休にたずねよ」




先日紹介した「利休にたずねよ」と同時に、
第140回直木賞を受賞した作品です。
「該当作品なし」という回もありますが、
なるほどこの第140回が、
この二作を選んだ訳が分りました。
こりゃどちらが優れているかなんて選択するのは難しいでしょう。




他人の死を悼みながら旅をする主人公、
彼と行動を共にする夫を殺した女性、
世の中を斜めに見ている雑誌記者、
そして、明るく強く生きている、
余命いくばくもない末期癌の主人公の母。




人類永遠のテーマである、
「生」とは、「死」とは・・・。
これをこんな形式で物語にしているなんて、
とても新鮮で、強い感銘を受けました。




芥川賞」を「純文学」、
直木賞」を「大衆小説」という区分が、
またまた疑問になってしまいました。
そもそも「純文学」の「純」って何?。
面白くないってこと?。
「大衆小説」の「大衆」って何だろう?。




そんな区分、もう時代遅れなのかもしれません。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。