元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

新・恥ずかしくない病気!! 自宅療養編 その四 〜「楽じ朗君」〜 (痔瘻完治手術)

「楽じ朗君」公式サイト http://www.rakujiro.com/




新・恥ずかしくない病気!! 自宅療養編 その →     
続・恥ずかしい病気!? 入院手術編 その →      
恥ずかしい病気!? その → 十一十二十三番外 十四十五
十六十七十八十九二十二十一




いまにし胃腸肛門科、
今日も午前中は通院です。
一昨日よりもちょっと遅く、
午前8時過ぎに病院に到着。
昨日退院したばかりのH氏は、
午前7時半の一番乗りで、
もうすでにいらっしゃいました。
H氏と同じく昨日退院した人、
また今日退院する人も多く、
診察・処置を待つ一階談話室は、
一昨日よりも賑やかな大同窓会の様相です。
なんせ、老若男女の間を越えて、
患部の病状、どんな手術を受けたのか、
現在の痛さ、そして最近の便の固さまで、
互いに「尻合」っている私達。
一般社会とは違う会話が飛び交います。




さて二時間半待って、
やっと私の処置の順番。
とても順調に回復しているようで、
このまま特に出血や違和感がなければ、
8月10日(月)まで病院に来ないで良いことになりました。
そしてその日の診察で問題がなければ、
そのまま午後から出社するつもりです。
職場の皆様、長らくご迷惑をおかけしました。
後、もう少々時間を頂きます。




処置を終えて、
外来の患者さんで混んでいる、
外の待合室へ出ます。
その一角、すでに退院の手続きを終え、
最終的な会計を待つ数名の女性軍団が陣取って、
笑顔で私を向かい入れてくれます。
他の外来患者さんとは違う異質な雰囲気。(笑)




この一般の外来患者が溢れる待合室。
この病院、一応肛門科がメインとはいえ、
胃腸科、内科も看板に掲げています。
普通、女性の場合、いかにも、
いいえ、私は肛門科ではありませんわよ。
と、いう素振りで診療を待つのが一般的ですが、
その一角の退院女性軍団は、
もはやその素振りがなく、
堂々としていて、とても爽やかで気持ちがいい。
その中の若いHさん(♀)は、
退院の荷物とともに、
小脇にこの、病院で売られているクッション、
「楽じ朗君」を堂々と抱えています。




楽じ朗君(ロゴ)
楽じ朗君




おおっ、Hさん(♀)、
いいなぁ〜そのスタンス、かっこいいや。
「楽じ朗君」買いましたか。
私は家にドーナッツ型クッションがあったので、
とりあえずは買いませんでしたけれど、
職場のイスが辛かったら買おうかと思っています。
入院中サンプルにはお世話になりましたが、
家のクッションよりも確かにいいんだよねぇ〜、
「楽じ朗君」。



とっても丁寧な作りで、
しっかりしていて、
そこいらで売っている、
ただのドーナッツ型クッションとは、
似ていてまったく違う代物です。
カバーを付けていると、
真ん中の穴が見えないというのも、
痔に悩む女性達へも、
心遣いを感じさせる逸品です。




ご注文はこちら → http://www.rakujiro.com/oder.html





さて午前11時近くになって、ようやく会計が終わり、
おなじみH氏(♂)と今日もガストへ。
今度は逆に日替わり和膳とドリンクバーをご馳走になりました。
日替わり和膳は「竜田チキンあんかけ和膳」。
Hさん、ご馳走様です。
この短い期間ではありますが、
あたしゃあんたと、何度かメシを食いましたが、
ついに初めてハンバーガー、ハンバーグ以外を一緒に食べました。
やっぱり揚げ物だったけどね。(笑)
Hさん、また月曜日ね。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。