元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

習志野 梅林園 その七 〜Canon Power Shot S90 その八〜

275-0015 習志野市鷺沼台4-4
習志野 梅林園 その → 
Canon Power Shot S90 その → 




ここ二週間は、
いつも週末は天気が下り坂。
土日はなぜか雨ばかりでした。
そんな訳で二週間ぶりに、
梅林園へと行って見ます。






習志野 梅林園




ちょうどその頃が見頃だったのか、
それとも昨日の強風で散ったのか、
梅はほとんど終わっていました。(泣)




残り少ない梅花1



残り少ない梅花を探し出し、
マクロで覗き込み映します。



残り少ない梅花2



香りはまだまだ強いんですが、
もう花はほとんどおしまい。
・・・また来年だね。




残り少ない梅花3



ダウンジャケットが暑いほどですから、
梅がおしまいでも当然です。




クロッカス タンポポ




梅の根元には、
クロッカスや西洋タンポポが開花しています。




オオイヌノフグリ



通常、イヌノフグリと呼ばれているこちらですが、
本当はこれは上の西洋タンポポと同様に外来種で、
正式には「オオイヌノフグリ」です。
本来のイヌノフグリの生育地を奪っているとか。
しかしこの華麗な小さな花に、
「大犬の陰嚢」(でっけぇワンちゃんのキャンタマブクロ)って、
すげぇーネーミングだよね・・・。(汗)



→ イヌノフグリ - Google 検索





実はそんなに歴史のある名称ではなくて、
「日本植物学の父」牧野富太郎さんの命名だそうで。
あんまり似ていないなと思っていたら、
果実になると、なるほどこりゃ似ていますね。
まぁでも「ネコノフグリ」でもいいような気もしますが。





咲いていた桜花




おおっ、この梅の木は、
まだ花がたくさんついていると、
喜んで近づいてみると、
これは梅ではなくて桜でした。
もう本格的な春なんだね。





菜の花




帰り道、沿道の畑を覗き込むと、
この通り、葉の花が満開でした。






にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。