元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

佐倉きのこ園

営業時間 8:00〜16:00
定休日  月曜日 
※祝祭日の場合は火曜日休業
入園料・駐車料無料
285-0808 佐倉市太田2395
公式サイト http://www.kinokoen.jp/






高崎川  佐倉ふるさと広場のオランダ風車




武家屋敷の後は、
子供達が一昨日ハマってザリガニつりでもしようと、
スルメとタコ糸とバケツを持参して、
高崎川や印旛沼の湖畔の佐倉ふるさと広場に行って見るも、
佐倉では子供の姿をほとんど見かけず、
ザリガニつりスポットの取材が出来ませんでした。
さてかみさんにお土産でも買って帰ろうか。
佐倉といえば味噌が有名ですが、
今日はマジック・ホワイテ井さんお薦めのスポットに行ってみます。




佐倉きのこ園




佐倉ICすぐ近くの、
佐倉きのこ園さんです。
実は長男は赤子の頃より、
しいたけ大好きの椎茸男なのです。
昼は蕎麦に付き合ってもらったので、
夕食は椎茸三昧にしましょうか。




一方、椎茸が大嫌いだったという、
地元名門佐倉高校を卒業して、
有名大学卒、有名企業就職から一転、
この佐倉きのこ園を創業したという園長さん。



完全無農薬、無化学肥料、
地下50mからの天然水で育てたという、
刺身でも食べられる自慢の椎茸を是非試してみましょうか。




佐倉きのこ園手書きの案内図




園内は手書きの地図にある通り、
こんな感じのこじんまりした空間です。




総合案内と売店




まずは総合案内と売店を兼ねたこの小屋に行きます。
椎茸狩りは見学のみは有料ですが、
100g、210円で買い取るのみで、
入場料は無料です。



BBQコーナー



この小屋の後ろには、
このバーベキューコーナーがあり、
すべて貸し出しがあるので手ぶらでも大丈夫だって。
料金については上の公式サイトをご覧下さい。




椎茸ハウス



さて、この椎茸ハウスに突入します。




かごと挟み




先が微妙に曲がったはさみとカゴを持って、
湿度が限界までに達しているような、
ひんやりとしたハウスです。




椎茸がここに生えている



このポッド(?)に椎茸が生えています。
軸の根元から切るように注意を受けましたが、
グラム売りですものねぇ〜、そりゃ当然です。
もう夕方に近かったので、小さなものばかり。
おすすめは朝8時の開店シャッター待ち(?)のようです。



私がつんだ椎茸



放っておくと、子供がいくらでも積んでしまうので、
一人十個までとして、三人で誰が一番重くなるか競いました。
当然順位は年の順番になったことはいうまでもありません。
これは私が積んだ椎茸十個です。




無料椎茸茶コーナー  椎茸茶




無料椎茸茶コーナーでこの椎茸茶を試飲。
んんんん、ん????。
こりゃお茶じゃなくて、お吸い物だわさ。




持ち帰った椎茸



さて三人の合計は400gの840円。
一つお刺身で試してみましたが、
確かに食べられますが、そんなに美味くもありません。




ホイルで塩焼きにした椎茸




ホイルでちょっとだけ火を通して、
露が沸いた、椎茸は最高でした。
こりゃ、いくらでもいけちゃうねぇ〜。
確かに椎茸の9割は水分。
水が良くなければ、当然椎茸もまずいでしょう。
いやいや、参りました。
園長おすすめの肉厚おススメ種、
冬から春の「富む富むしいたけ」。
是非冬に再訪して試したいです。





人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 グルメブログへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。