元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

特別展「江戸を開いた天下人 徳川家康の遺愛品」 三井記念美術館

〜開館5周年記念〜
2010年4月14日(水)〜6月20日(日)
休館日 毎週月曜日、5月6日(木)※但し5月3日(月・祝)は開館
開館時間 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
※会期中の毎土曜日10:00〜19:00(入館は18:30まで) 
料金 一般:1200円(1000円)、大学・高校生:700円(600円)、中学生以下:無料

103-0022 中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
公式サイト http://www.mitsui-museum.jp/




→ 「三井本館」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地
→ 「徳川家康」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地




私はへそ曲がりな、判官贔屓な性質なので、
正直、徳川家康は好きな武将・政治家ではありません。
ただ戦国で唯一、最終的な成功者となった、
彼のあの「鳴くまで待った」性格には、
少なからず尊敬の念は持っています。
そして彼が作りあげたこの「江戸」→「東京」は大好きな街です。
会期終了間近です。ちょっと小遣いがピンチですが、
やっぱり行っちゃいましょうか。



三井記念美術館



常設展は三井財閥、三井家伝来の財宝を展示する美術館。
しかし今回の特別展ではその三井家が財を築いた江戸の生みの父、
徳川家康の愛用していた遺愛品の展示に絞っています。



三井記念美術館 エントランス  三井記念美術館 入口



この三井記念美術館。あくまで私立美術館の一つです。
元々は中野区上高田にあった「三井文庫別館」が、
五年前にここに移転し現在の名に改称しました。
入口・エントランスは、この通り「三井タワー」ですが、
エレベーターの到着先は、重要文化財建造物でもある、
「三井本館」の7階です。




チラシ   チラシ裏




当然、館内、展示品は撮影禁止。
しかし思った以上に、展示品の「量」は多く、
なかなかの満足度。
茶道具の良し悪しは良く分かりませんが、
天下人でありながら、
幼き頃の「人質」のトラウマか・・・、
質実剛健を愛した、彼の趣味思考には、
思った以上に共感してしまいました。
これは自分でも吃驚です。




「奈良の古寺と仏像」チラシ  「奈良の古寺と仏像」チラシ見開き



えっ・・・、次は、こんな特別展。
こっちはまさにツボですよ・・・。
一度は拝したいと思っていた、
216億年衆生を思惟していたら、知らぬ間に伸びしてまったという、
こんもりアフロ阿弥陀様、
東大寺の「五劫思惟阿弥陀如来坐像」もいらっしゃるそうで・・・。




→ 東大寺 五劫思惟阿弥陀如来坐像 - Google 検索




これは必見です。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願いします。