元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

ラーメンかじろう*1 その一  

264-0025 千葉市若葉区都賀3-25-7
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜20:30
(木曜・日曜は昼のみ営業)
定休日 月曜日




ラーメンかじろう→  その〇のその一〇のその二
→ ラーメン二郎 歌舞伎町店 その一
→ 「ラーメン二郎」関連の記事
→ 私のラーメン二郎戦記
→ ジロリアン卒業宣言




さて、先日臨休だったかじろうにリベンジです。
今日も路駐のトラック爺さんが並ぶ、
眉二郎を横目に見て、車は一路、都賀を目指します。




ラーメン かじろう




開店10分前に到着するつもりで習志野宅を出たものの、
平日はやはり道路も混みあい、小一時間掛かって、
開店5分後の11:35分に店に到着。
すべに席は一つのみ。どうにかすぐに着席出来ました。



かじろうの店内




カウンター代わりの左右に四人ずつ、
計八人座れる大きなテーブルと、
二人用のミニテーブルが二つ。
店内待ち用のイスも完備されておりますが、
私が座ってほどなく店の外にまで行列は伸びました。




かじろうの注文表




こちらは食券、"コール"もなく、
この注文表に丸をつけて、店員さんに渡す方式。
野菜を増し増しにして、
多くの方に絶賛されている豚も増してみました。




小豚(800円)野菜増し増し・ニンニク増し




小豚(800円)野菜増し増し・ニンニク増し。




かじろうの豚とスープ



なるほど二郎のブタとは別物の@豚ですが、
口の中でホロホロととろける絶品。
これはなかなか。
スープにカネシ感はなく、
どこか"ちばから"を彷彿とさせました。




かじろうの麺




麺は多加水でツルツルですが、
なかなかホギホギしていて美味いです。
全体的には、しろさんが「良く出来た亜流」、
元パズーさんも「野趣感がない」と表現している通り、
どこか二郎の魅力である、雑味が足りないくて、
パンチが弱いという印象でした。





しかしこれ、本家・二郎よりも、
こちらが好みだという人がいても、
けしておかしくはない、
完成度の高い二郎系のラーメンです。




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。