元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

二宮神社 その十 

祭神 建速須佐之男命稲田比売命大国主命藤原時平
七年祭での役割 父・夫
274-0072 船橋市三山5-20-1




大厄(前厄)厄除 → 神社編お寺編
大厄(本厄)厄除 → 神社編お寺編
大厄(後厄)厄除 → 神社編お寺編
二宮神社 その → 
→ 「二宮神社」関連の記事 




ツイッターでは実況しておりますが、
晦日、元旦は妻の実家で過ごしました。
(義姉さん、いつもありがとうございます。)



さて、明けて1月2日です。
まったりと目覚め、テレビで箱根駅伝を応援するも、
母校・拓大は、往路ブービーという不甲斐なさ・・・。




二宮神社・拝殿



午後は初詣として氏神様である、
下総国二宮神社へお参りしました。
大厄の三年間、厄除けの御礼参りでもあり、
昨年のお札と、なぜか13年前の姪の七五三参りのお札を持参しました。



お札




その後、これもツイッターではつぶやいておりますが、
すぐ近くの実家に立ち寄ってみました。




何年ぶりの実家だろうか・・・。
実母の妹である叔母夫妻と、
その娘、新婚の従妹夫婦が来ているようですが、
私の実父と叔父を残して、先日私が車に轢かれた、
みどりの湯に行っているとか・・・。




72歳になった父と二人、しばし語り合い万感の想い・・・。
父の口から出る親戚一堂は、皆、鬼籍に入っておりました。



しばらくして、実母や叔母、従妹夫妻が戻ってきました。
これまた先日ツイッターでつぶやいた、十数年ぶりに会う、
12歳年下の従妹ですが、先日銀座ですれ違った人は別人でした。
いやいや、N子、奇麗になったね。
とても、真面目そうな旦那さんじゃないか。
末永く幸せにね。。。




さてさて、しつこいようですが「万感の想い」に溢れ、
夜も眠れずに深夜に起きて来て、
こんなつまらないブログを記している次第・・・。





にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。