元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」 東京国立博物館 その十一

2012年3月20日(水)〜6月10日(日) 
110-8712 台東区上野公園13-9 東京国立博物館 平成館 
博物館公式サイト http://www.tnm.jp/ 
特別展公式サイト http://www.boston-nippon.jp/




特別展「ボストン美術館 日本美術の至宝」 東京国立博物館





東京国立博物館 その → 
→ 「上野公園」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地




ロダンの考える人




またまた、ゾウとみろくと高校のプチ同窓会。
上野公園口は凄い人出で賑わっていました。
元々一人でもいくつもりだった、
"幻の国宝たちの里帰り"、
ボストン美術館所蔵の日本美術の特別展。



プロローグは岡倉天心の木像から始まり、
このコレクションの立役者、
フェノロサとビゲローの紹介で幕が上がります。



快慶の弥勒菩薩立像




最初のコーナーは「仏のかたち 神のすがた」と称し、
仏画と仏像が中心の展示。
ここに今回の私の目的の一つ、
快慶チャソの弥勒菩薩立像がいらっしゃいました。
快慶らしい端正な顔立ちの菩薩像。。。
胎内の快慶の発願を示す経典も展示されていました。
う〜ん、いかにも快慶だねぇ〜。と頷き合う、
みろくと仏ヲタ二人です。。。(笑)




続くコーナーは「海を渡った二大絵巻」。
遣唐使吉備真備の伝説を記した「吉備大臣入唐絵巻」と、
平治の乱を描いた「平治物語絵巻 三条殿夜討巻」。
ここは一番人気があったよう。




お次は「静寂と輝き 中世水墨画と初期狩野派」。
そして「アメリカ人を魅了した日本のわざ」として、
染織と刀剣が並びます。
刀剣はこれ、みんな間違いなく国宝・重文クラス。。。




蕭白の雲龍図と等伯の龍虎屏風




そして最後は「華ひらくむ近世絵画」「鬼才 曽我蕭白」。
蕭白雲龍図と等伯の龍虎屏風はただただ圧巻。。。
衝撃でした。。。




絵葉書とブックカバー




やっぱり絵葉書はいつも買ってしまうね。
今回はブックカバーまで買ってしまった。。。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。 
にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。