元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

大宮 氷川神社

武蔵国一宮
祭神 須佐之男命・稲田姫命大己貴命
330-0803 さいたま市大宮区高鼻町1-407




→ 「一宮」関連の記事
→ 赤坂 氷川神社





出社前からLINEでアクシデント発生が知らされていて、
憂鬱な気分でいやいや出社すると、
ケツに火が付いたようなスクランブル発進。。。
その得意先にお詫びと事情の説明に伺いました。
それが終わるとそのまま大宮駅に急行し、
直接迷惑をおかけした役員さんのお出迎え。
午後2時半から4時半の間の新幹線でお帰りということで、
念の為、2時過ぎに駅に到着するも、
4時過ぎの便になるという連絡が入りました。
まだ二時間近く時間があります。。。
駅前の観光案内板を眺めてると、
是非一度は行ってみたかった、
氷川神社がありました。
猛暑で蕩けそうですが、
頑張って歩いてお参りしてみました。




ニノ鳥居と官幣大社の石標




ニノ鳥居と官幣大社の石標。





武蔵国一ノ宮、
もちろん延喜式内、名神大社
社格官幣大社で、
約200社ある氷川神社の総本社である、
大宮・氷川神社です。
そもそも「大宮」の地名は、
この神社に由来します。





三ノ鳥居と玉垣



三ノ鳥居と玉垣


実は「足立」という地名もこちらが発祥とされています。
日本武尊が東征の際に足に怪我を負い、
夢枕に現れた老人の教えによりこちらの神社をお参りしたところ、
立てるようになったことから、武蔵国の北部を「足立」と称するようになったとか。
ただし荒川流域の「葦立ち」の説もあるので定説ではありませんが。(^^;



神池  




しかしそもそもはこの地方にあった、
見沼という広大な沼の水神を祀っていたともされており、
今も現存する境内の神池はその見沼の名残とも言われています。



神橋  楼門と廻廊



その神池中央にかかる神橋。
これを渡りきると、
ぐるりと囲われた廻廊の表に建つ、
楼門が望めます。




舞殿




廻廊の中央、拝殿の前に、
舞殿があるという珍しい様式。
それについての説明書きはありませんでした。



拝殿





拝殿の左側は工事中の様子です。
残念ながら本殿のご様子は伺えません。
現在の社殿・楼門等の改築は国費でおこなわれたそうですが、
昭和十五年(1940)建立とまだ歴史は深くありません。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。