元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

父の死

二週間前の、九月の初めに、
突然母から携帯に電話があり、
父が入院したことを知りました。
私は一人っ子なんですが、
父母とは近くに住みながらも、
ここ十数年少し疎遠になっておりましたが、
前回、会ったのは私が入院した際に、
見舞いに来てもらって以来のこと。
そのたった数ヶ月前には元気だった父ですが、
八年ほど前に前立腺肥大の手術をしており、
その温存箇所が癌になり膀胱に転移したとか。。。
さっそくその日の帰り道に病院に寄ってみれば、
意外にも元気そうな父に会えました。
しかし母の電話の話によると、
病状はもはや手術出来る状態になく、
ホルモン治療と抗がん剤がうまく合っても、
後残り、半年ほどの余命かもしれないと聞かされております。
しかし父は癌であることは告知されているものの、
余命が短いということは聞かされておらず、
一生懸命に食事を食べて体力をつけて、
癌を直して家に帰る決意を固めておりました。
私は残された半年という短い時間の中で、
とにかく今までの親不孝を、
少しでも取り返すことの出来るように、
出来る限りの親孝行をすることを決意して、
涙を抑え隠し、病院に通いました。
たった二人の孫である息子たちも、
快く見舞いに付き合ってくれて、
祖父を喜ばせることも出来ました。
しかし父の癌はスキルス性のものだったのか、
それからたった数日で肺に転移し広がり、
あと残り数日で肺の中に水が貯まり、
まるで溺死するかのような最期になると聞かされたのは、
ついたった一週間前のこと。。。
これからモルヒネで苦痛を失くすことのみに専念するので、
すぐに昏睡して意識がなくなるので、
最期に会わせた人をみんな呼んでくれと言われ、
父の姉である伯母を父の故郷から呼び寄せたのは、
今からたった六日前のことです。
しかし父は強い精神力でそれから何日も意識を失わず、
麻薬の副作用にも自我を惑わされることもなく、
「ガンを治して絶対に家に帰る」という執念で、
もはや昏睡状態なはずの状況下に、
全身点滴とチューブと酸素マスクに絡まれて、
まるであやつり人形のようになりながらも、
自らの力で箸を持ち食事を取り続け、
立ち上がって洗面所で歯を磨きヒゲを剃りました。
私はサルマネのような親孝行がしたくて、
アンパンと羊羹が食べたいと聞けば、
赤坂の虎屋、銀座の木村屋で買い求めて病室に届けました。
ここ数日は病室に母と二人で泊まりこみ、
交代の寝ずの番で生体モニターを見守り続けましたが、
一昨日夜についに昏睡状態に陥ってしまい、
ただ幸いにも血中酸素は充分な量を保ったまま、
昨日朝に、心拍数が130まで上昇した後に、
緩やかに減少して、午後15時50分心臓が停止しました。
私と母の最後の声掛けに答えるかのように、
一旦止まった心臓が再び動き出したことには、
最期にまた父の強さをみせてもらいました。
爺さん、最期までマジでカッコよかったぜ。



さてこんな所に書いたところで、
亡き父に伝わるとは思えませんが、
親不孝なバカ息子の最期の感謝の言葉です。
父ちゃん、あなたはいつも私の憧れであり、
いつも俺の男の目標そのものでした。
中学を出てすぐに、自転車屋に丁稚奉公に出され、
トラックの運転手から、観光バスの運転手になり、
バスガイドだった母と出会い、結婚して私をもうけ、
すぐに家を建て、二度の建て替えもして、
「いつかはクラウン」という目標も達成しました。
私は子供の頃、山のように巨大な、
観光バスのハイデッカーを操る父が自慢でした。
一人息子はバカでなんの自慢にもなれませんでしたが、
爺さんの最後のたった唯一の自慢話は、
孫の高校だったそうです。
これには長男にも感謝せねばなりません。



父ちゃん、本当にお疲れ様でした。
最期はみんなで余命を騙すような形になってしまいゴメンなさい。
また数々の親不孝は、ここではとてもお詫び出来ず、
これはまたあの世で再会した際に改めて伝えます。
ありがとう、お父さん。
私はあなたの息子に生まれて本当に幸せでした。




追伸: 以上が今回ブログを休止しておりました本当の理由です。
木曜日のお通夜、金曜日の告別式終了までもう少しお休みさせてください。
なお、故人本人の強い遺志により、
通夜・告別式は血縁者のみの家族葬とさせて頂きます。
重ね重ねわがままをいって申し訳ございません。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。