元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

「光」(集英社文庫)


→ 「神去なあなあ日常」(徳間文庫)
→ 「まほろ駅前多田便利軒」(文春文庫)
→ 「まほろ駅前番外地」(文春文庫)
→ 「風が強く吹いている」(新潮文庫)
→ 「三浦しをん」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地




光 (集英社文庫)

光 (集英社文庫)




昨年10月に発売された三浦しをんさんの文庫化最新作は、
実は2006年から二年間雑誌で連載されて、
2008年に新刊として刊行された作品ですが、
東日本大震災の前でありながら、
巨大で凄惨な津波の模様が描かれている衝撃的な作品。




ヒア アフター [DVD]

ヒア アフター [DVD]




このクリント・イーストウッド監督作品「ヒアアフター」も、
2011年2月に公開されて、わずか一ヶ月後にあの震災があって、
公開をすぐに中止しましたが、
この文庫化もいろいろな事情があったのかもしれません。




さてこの小説ですが、三浦しをんさんてば、
なんて幅の広い作風なんだろうと驚かされた作品。
とにかく登場人物の全員が悪人というべきか、
暴力と憎悪に満ちあふれた内容。。。
そして女性作者の描くセックスシーンがとても、
鮮烈で「えげつなく」て、
匂いたつようで息苦しい。
いや面白くない訳ではないんですよ。
こんな小説を読んでしまうと、
改めて純文学と大衆文学の線引きって、
一体なんなんだろうと考えさせられます。
大抵、どんな作品でも、
私は面白ければ子供達にすすめていますが、
この作品だけはあまり読ませたくないと感じました。





にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。