元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

逢來山 龍海寺 〜緒方洪庵墓・大村益次郎足塚・中天游墓〜

宗派 曹洞宗
本尊 ?
530-0035 大阪市北区同心1-3-1




→ 適塾 〜緒方洪庵像〜




逢來山 龍海寺  門前の標石





難波から市営地下鉄で南森町に出て、
前回も訪問した天満橋の企業に向かう途中、
緒方洪庵墓所」という案内板をみて少し寄り道をしました。
緒方洪庵は江戸で客死しており、
遺体は東京の駒込の高林寺に葬られ、
そこに立派な墓がありますが、
地元のこちらは遺髪のみのお墓のようです。





本堂




古くからの寺町と思われる周辺の街並。
曹洞宗の逢來山・龍海寺の本堂。
この本堂からみて左手に墓地があります。




緒方洪庵墓所  緒方洪庵墓




緒方洪庵と妻の八重の墓石が二つ並んでいます。
八重さんは、洪庵さんとの間に七男六女を儲け、
洪庵を蔭から支えた良妻として知られています。
実家からの仕送りを工面したり、
塾生たちの面倒をよく見て、
洪庵の死後も奮闘しました。
福澤諭吉は「私のお母っさんのような人」と称し、
佐野常民は、恩義が忘れられずに八重の墓碑銘を書いているそうです。
葬儀では、日本橋から自宅までの2.5km、
彼女を慕う参列者の葬列がつながったといわれています。





墓石裏





ご夫妻両墓石の裏に、
この通りびっしりと碑文が刻まれていました。





緒方家墓所  中天游墓



このご夫妻の墓地の裏手に、
この後の緒方家の墓所があり、
その右手に洪庵の師である、
中天游の墓があります。
こちらは石の風化がすすみ、
もう崩れてしまう寸前ですが、
今も緒方家がお守りしているとか。





→ 中天游 - Wikipedia





大村益次郎足塚




またご夫妻の墓の右手にはこの、
「大村兵部大輔埋腿骨之地」という碑があります。
これは洪庵の弟子である大村益次郎の足塚で、
彼が刺客に襲われた後に手術で切断した足を、
本人の遺言により、師の傍らに埋葬したものです。




→ 兵部大輔大村益次郎卿殉難報國之碑