元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

「赤瀬川原平の芸術原論〜1960年代から現在まで〜」千葉市美術館 その四

2014年10月28日(火)〜 12月23日(火・祝)
開館時間 10:00〜18:00/金・土は20:00まで *1
休館日 11月4日(火)、12月1日(月)
観覧料 一般1000円(800円)・大学生700円(560円)・小・中学生、高校生無料*2
260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 
美術館公式サイト http://www.ccma-net.jp/
特別企画公式サイト http://www.ccma-net.jp/exhibition_01.html






千葉市美術館 その → 





チャリと野良猫  雨に濡れた椿




折角、D7100が修理から戻って来たので、
いつもの公園にカワセミを狙いに行きましたが、
残念ながらお留守のようで、
数枚写真を撮ってすぐに帰りました。




千葉市中央区役所・千葉市美術館  



さてまた妻の友人が所属する楽団の定期演奏会に伺う為、
千葉市のいつものコースへと訪問しました。






千葉市美術館入口  入口柱のポスター




→ 赤瀬川原平 - Wikipedia





只今、千葉市美術館で開催されているのは、
芥川賞作家・別名・尾辻克彦でもある、
赤瀬川原平さんの特別展。
10月28日からの開催ですが、
まさか10月26日にご本人が亡くなるとは、
主催者も全く想像出来なかった想定と思われます。





旧川崎銀行千葉支店入口
さや堂ホール  さや堂ホールの天井




こちらを取り上げる度に、
何度か書いておりますが、
旧川崎銀行千葉支店を包み込むように、
内部に取り込んでいるこちらの建物。
珍しくそのさや堂で何も行われていなかったもので、
内部が自由に見学出来ました。
さすが、重厚にして、
その迫力は本物です。



「赤瀬川原平の芸術原論〜1960年代から現在まで〜」





さて本題の「赤瀬川原平の芸術原論〜1960年代から現在まで〜」。





 赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで1 赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで2
 赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで3 赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで4





前衛芸術家でありながら、
エッセイスト、漫画家、イラストレーター、作家と、
ホント、本邦初のマルチクリエーターともいえる赤瀬川さん。
彼の多彩な才能がまるで溢れ出るようなこの展覧会は、
なんともその生命力をもらっているような、
とても心ウキウキする内容でした。




→ 赤瀬川原平 - Wikipedia

*1:入場受付は閉館の30分前まで

*2:※カッコ内は前売券、団体20名様以上、および千葉市内在住65歳以上の料金。障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料