元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

横浜中華街 関帝廟

祭神 關聖帝君・玉皇上帝・地母娘娘・観音菩薩・福徳正神
231-0023 横浜市中区山下町140
公式サイト http://www.yokohama-kanteibyo.com/




中華街入口  地久門




予定していた県立歴史博物館がまさかの臨休だったもので、
まだ午後イチの監督官庁とのアポに時間がありまして、
お腹はいっぱいですが、中華街までお散歩してみました。




横浜中華街 関帝廟門



横浜中華街の関帝廟をお参りしてみましょう。
このブログで道教の巡礼は、
十年間で初めてなんじゃないだろーか。(笑)




横浜中華街 関帝廟  横浜関帝廟の由来



横浜中華街 関帝廟です。
言わずと知れた三国志の英雄、
関羽を神格化して祀っている関帝廟




横浜関帝廟内  関聖帝君の略歴





中国では儒教孔子廟を「文廟」と呼び、
この道教関帝廟を「武廟」とも云うそうです。
確かに関羽は義に厚く武に優れた将ではありましたが、
後の様々な伝承から商売の神としても信仰されました。
この地の華僑たちが商売繁盛を願い、
最初にここに本格的な関帝廟を祀ったのは、
明治四年(1871)のこととか。
現在のこの第四代の關帝廟は、
平成二年(1990)の開廟です。