元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

高瀬の大木・神指城跡

国指定天然記念物
965-0063 神指町高瀬五百地1624




高瀬の大木・神指城跡




会津盆地に有数のケヤキの大木があると聞き、
鶴ヶ城の後に立ち寄ってみました。
同時にここは慶長五年(1600)、
上杉景勝直江兼続らに命じ、
神指城を築こうとした場所でもあります。



高瀬の大木1  高瀬の大木2




昭和二十四年(1949)の台風で、
大枝が折れてしまったそうですが、
土塁の上に今なお樹勢堂々とした欅の大木。
樹齢は神指城築城計画前で約五百年と推定。
当時すでにに大木であったと記録されているとか。
根元の周囲12.55m、樹高は24.64m。
根を守る為に周囲は木道で囲われており、
あまり近くに寄れず、比較対象物がなくて、
なかなかその迫力が写真では伝わりません。



 
記念写真





ここで四名揃って本日二枚目の集合写真をパチリ。
それでもこの巨大な威容は伝わんないなぁ〜、残念。




神指城跡の案内  神指城完成予想図




ここは神指城の二の丸を計画していた場所です。
鬼門にこの大木を置く設計も、
結局は会津征伐の後、
関ヶ原で西軍が敗れ、
上杉家は米沢に移封となって、
神指城は未完成のまま破却されます。





神指城跡から望む磐梯山





この神指城跡から望む磐梯山がまた絶景。
すぐ近くには、明治元年(1868)、
会津に残った斎藤一新撰組が、
新政府軍に襲われて壊滅したという、
新選組殉難地」もあります。




【参加者のブログ記事】
→ http://blog.livedoor.jp/joshuaf3/archives/33729027.html