元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

香取神宮 その三 〜東国三社サイクリング(1)〜

東国三社

下総国一宮
祭神 経津主大神
287-0017 香取市香取1697
公式サイト http://www.katori-jingu.or.jp/




香取神宮 その → 




車に3台チャリを積む



さて三連休の最終日は、
高校の同級生・ゾウとピーの三人で、
東国三社をサイクリングで巡ります。
まずはいつもの通り、
ゾウの車で習志野を出発。
成田のピーの家に寄って、
チャリ3台を積み込みます。



道の駅 水の郷さわら  道の駅からみた利根川



旧・佐原市街、利根川沿いの、
道の駅・水の郷さわらを、
ベースキャンプに定めました。



チャリ3台  出発



さてチャリを3台降ろして、
それでは第一目的地の、
香取神宮に向けて出発。



県道55号線の鳥居  朱鳥居と社号標




県道55号線、表参道の、
一の鳥居をくぐると、
もう香取神宮はすぐ近く。
まだ初詣の雰囲気のある門前。
朱鳥居と東郷平八郎揮毫の社号標前に到着しました。



総門前の鳥居  総門



三人ともに下総国在住ですので、
まずは一宮であるこちらから参拝。



楼門




朱鳥居の隣にあった社号標の、
東郷平八郎揮毫の書は、
この楼門の扁額がオリジナル。
重文の楼門の造営は、
本殿と同じく元禄十三年(1700)。



拝殿  本殿




拝殿と重文の本殿。
鹿島、香取両神宮も、
昔は伊勢神宮同様に、
二十年に一度のお建替え、
式年遷宮があったとか。



ご神木



ご神木は樹齢千余年、幹周7.4m。



宝物殿内  宝物殿内1



今回もケチらずに宝物殿を拝観。
ここは驚くほどに、
お宝との距離も近く、写真撮影など、
あまりうるさいことも言わないので大好き。



宝物殿内2



しかし皮肉なことに、
国宝の「海獣葡萄鏡」や、
重文の「古瀬戸狛犬」は、
特別展「香取神宮」で、
千葉県立美術館に出張ちう。



要石



香取・鹿島両神宮をお参りするなら、
やはり地震を起こす、
大鯰を押さえつけている、
要石参拝は外せません。
香取は凸形で尾を、
鹿島は凹形で頭を押さえています。
香取・鹿島の二つの要石は、
地中でつながっている説もあるとか。



飯篠長威斉之墓  墓石



そしてお墓マイラーなもんですから、
やはり今回も剣聖、
飯篠長威斉之墓もお参り。



奥宮入口  奥宮



御祭神の荒魂を祀る奥宮です。
こちら香取神宮では、
あまりお参りする方がいませんが、
和魂・荒魂の両面あっての神々。
出来ればお参りすることをオススメします。



利根川
鳥居河岸(津宮浜鳥居)


さて、香取神宮から北上し、
利根川沿いに戻りました。
しばらく走ると、
御祭神が海路から、
この地に上陸されたとされる場所に、
この津宮浜鳥居があります。