元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

「螢草」(双葉文庫)

→ 「春風伝」(新潮文庫)
→ 「秋月記」(角川文庫)
→ 「無双の花」(文春文庫)
→ 「「いのちなりけり」「花や散るらん」(文春文庫)
→ 「柚子の花咲く」(朝日文庫)
→ 「川あかり」(双葉文庫)
→ 「蜩ノ記」(祥伝社文庫)
→ 「葉室麟」関連の記事





螢草 (双葉文庫)

螢草 (双葉文庫)




図られて城内で刃傷沙汰を起こし、
切腹をした父の無念、
そしてそれを抱えたまま、
労咳で亡くなった母の意思を胸にしまい、
身分を隠して女中となった十六歳の菜々。
奉公先の風早家は心暖かい家で、
当主・市之進、奥方・佐智に導かれて、
四歳嫡男・正助、三歳娘・とよと、
満ち足りた幸せの日々を過ごす。
しかし江戸の前藩主に絡む、
不正を糺そうとする市之進は、
罠にはまり危機に陥る。
その相手方は父の仇でもある轟平九郎。
菜々は孤軍奮闘し、
ついには。。。。



月草の仮なる命にある人をいかに知りてか後も逢はむ




大好きな葉室麟さんですが、
この作品は本当に良かった。
一部に時代考証や、
「話が出来すぎ」とか、
「善悪の区別がはっきりし過ぎ」との、
批判もあるみたいだけど、
そんなことは気にならないほどに、
主人公がいい。登場人物がいい。
そしてそれぞれのセリフがいい。
いや、my favorite以上に、
藤沢周平蝉しぐれ」に並んで、
今まで読んだ全時代小説の中でも上位に入り、
いつまでも読み返したい小説の一つになりました。




絶対映画化されると思いますよ、近いうちに。