元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

「銀漢の賦」(文春文庫)

→ 「螢草」(双葉文庫)
→ 「春風伝」(新潮文庫)
→ 「秋月記」(角川文庫)
→ 「無双の花」(文春文庫)
→ 「「いのちなりけり」「花や散るらん」(文春文庫)
→ 「柚子の花咲く」(朝日文庫)
→ 「川あかり」(双葉文庫)
→ 「蜩ノ記」(祥伝社文庫)
→ 「葉室麟」関連の記事





銀漢の賦 (文春文庫)

銀漢の賦 (文春文庫)




第?次・葉室麟さんマイブーム到来中。
読んだつもりになっていた「蜩ノ記」に並ぶ代表作、
銀漢の賦」を今更ながら読んでみました。
「銀漢」とは銀河、天の川のこと、
「賦」は「韻」と「訴」をかけているのかも?



他藩、幕閣にまで、
名家老と謳われるほどの、
出世を遂げた松浦将監と、
新田開発の郡方・日下部源五。
今では身分に隔たりがあり、
絶縁状態だった二人だが、
かつては同じ剣術道場に通い、
農民の子・十蔵と三人で友情を育んでいた。
その過去の少年時代の逸話を、
交差しながら展開する、
今の二人にふりかかる危機そして和解。









葉室麟さんの台詞の良さ。。。
感動してしまい、
その度にTwitterの下書に写して、
何度も何度も呟いてしまった。
そしてお得意の漢詩の扱いも絶妙。
ラストも爽やかで良かった。
こちらも大好きな時代小説の一本として、
ワタシの殿堂、一軍本棚入り確定です。