元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

東海汽船 さるびあ丸

105-6891 港区海岸1-16-1
公式サイト http://www.tokaikisen.co.jp/shipinfo/largeship/





竹芝桟橋客船ターミナル  マストのモニュメント



すでに四人はもう千鳥足ですが、
伊豆七島小笠原諸島の玄関口である、
竹芝桟橋にやって参りました。



竹芝桟橋に到着  ビール片手にご機嫌な三人




昔はこの広場が学校のグラウンドのようで、
夏休みの時季には足の置き場もないほどに、
無数の若者で溢れかえっていたものです。
さて、乗船手続きを終えたら、
またコンビニでビールとつまみを買ってご機嫌。




橘丸顔出し看板





橘丸の顔出し看板にはしゃぎ、
ご満悦のリョーションですが、
我々が乗る大島航路はその船ではなく、
さるびあ丸なのはご愛嬌。




さるびあ丸に搭乗  タラップ




さて、22時出航の、
さるびあ丸への搭乗が始まりました。
ダッシュで二等地下船室の、
雑魚寝場所を確保するつもりでおりましたが、
今は二等ですら、和室・椅子席ともに、
自由ではなくて指定席なんだね。
よくよく切符を見直したら、
二等椅子席で座席が指定されてるし。。。




さるびあ丸案内図  二等椅子席




これはワタシが学生の頃に乗った、
さるびあ丸ではなくて、
その後に新造されたさるびあ丸2が、
先代さるびあ丸廃船後に、
「2」の文字を消したようです。
船内いたるところの案内に、
「2」を消した形跡がありました。
またまた昔話になっちゃうけど、
昔はスペースの争奪戦で、
敗れた者は甲板にまで溢れ、
海に落ちて亡くなった人もいたほど。。。
今は二等でも指定席でこんな立派な、
リクライニングシートがあるとは、
時代は変わったものです。




竹芝桟橋を出航  甲板からの景色





さて、船は定刻通りに、
竹芝桟橋を出航しました。
東京湾を丸く一望出来る絶景は、
多少ビルが増えたものの、
昔も今もあまり変わりません。




爆睡する三人




出港後、景色を楽しむこともほどほどに、
さらに買い込んだ酒を飲み続け、
船酔いになる間も無く、
泥酔で轟沈したおっさん四人組でした。。。