元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

木津砦跡 〜「村上海賊の娘」【三・四】(新潮文庫)〜

557-0024 大阪市西成区出城1-5






→ 「村上海賊の娘」【一・二】 (新潮文庫)




→ 「のぼうの城」【上・下】 (小学館文庫)
→ DVD「のぼうの城」
→ 「忍びの国」(新潮文庫)
→ 「小太郎の左腕」(小学館文庫) 
→ 「和田竜」関連の記事



村上海賊の娘(三) (新潮文庫)

村上海賊の娘(三) (新潮文庫)

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)

村上海賊の娘(四) (新潮文庫)



ようやく「村上海賊の娘」、
単行本全四巻を完読しました。
第一次木津川口の戦いを描いたこの作品。
信頼出来る史実であろう資料は少ないので、
大半の人物設定とその描写は、
作者の想像によるものと思われますが、
破天荒な主人公・村上景と、
剛強無双の巨漢・眞鍋七五三兵衛が、
互いに心惹かれながらも、
血で血を洗うような対決には、
圧倒されて鳥肌が立ちました。
そして悲しいはずの結末なのに、
とても爽やかなエンディングに仕立てます。
流石は和田竜さんの自信作。





出城の交差点  街頭の地図




さてこの作品において、
主要な拠点の一つであり、
ラストシーンの舞台ともなった木津砦が、
難波の事業所からすぐ近くだと知り、
午後の面接と面接の合間の空き時間に、
ママチャリを借りて探訪して参りました。
織田信長本願寺攻め=石山合戦において、
石山本願寺が難波湾からの、
海上補給経路を確保する為に、
木津川河口に築いた木津砦。
現在その跡から数百mで木津川には出ますが、
大阪湾に出る河口は更に南西の彼方遠く。
東側にあった敵方の天王寺砦の方向に、
今ではアベノハルカスがそそり立ちます。
また現在ここの地名が「出城」というのは、
この木津砦が由来とみて間違いないでしょう。
この地図の「出城公園」が、
その木津砦の跡なんだとか。




出城公園 北東側  出城公園 北西側





織田軍と本願寺門徒が激突を重ねて、
多くの屍を積み上げた古戦場跡ですが、
現在では案内板一つない、
大阪市内によくある、
おっさんばかり集まっている児童公園。
しかし大阪や京都、奈良で、
この程度の旧跡に、
いちいち案内板を立てたら、
町中が案内板だらけに、
なってしまうんでしょうね。