元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

カトリック松が峰教会

国指定登録有形文化財
宗派 キリスト教(カトリック)
320-0807 宇都宮市松が峰1-1-5
公式サイト http://www2.ucatv.ne.jp/~matumine.sea/





カトリック松が峰教会  カトリック松が峰教会




宇都宮の市街地に入りまして、
人気投票第五位の松が峰教会に立ち寄りました。
とても威風堂々とした美しい教会。
大谷石建築としては現存最大級の、
ロマネスク・リヴァイヴァル建築なんだそうで、
平成十年(1998)に国の登録有形文化財に登録されました。




聖堂内 




神仏習合のワタシですが、
キリスト教にはとんとご縁がありません。
クリスマスのミサが行われておりましたが、
ワタシの脳内では、

*「おお、まことよ、しんでしまうとはなさけない。」
*「生きとし生けるものはみな神の子。わが教会にどんなご用かな?」
→ おいのりをする
→ いきかえらせる
→ どくのちりょう
→ やめる

・・・状態。。。



国指定登録有形文化財  登録証




国指定登録有形文化財のプレートと、
登録証がの額が掲げられていました。




カトリック松が峰教会  1932(昭和七年)  





昭和七年(1932)の竣工です。




マリア像