元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

地球の丸く見える丘展望館

開館時間 4〜9月 9:00〜18:30 10〜3月 9:00〜17:30
定休日 年中無休
入館料 大人380円 小・中学生 200円 65歳以上 330円
288-0024 銚子市天王台1421-1
公式サイト http://www.choshikanko.com/tenbokan/




地球が丸く見える丘の案内




愛宕山の山頂にある、
地球が丸く見える丘展望館と、
元々は小学校だったというふれあい広場。
実は三人とも坂道大嫌いチャリダーなもので、
日和って車で参りました。
三人ともにこちらも初めての訪問デス。



地球が丸く見える丘展望館




本当に丸く見えるだろうね。
丸く見えなかったら承知しないよ。
と、ブツブツ文句をたれるおっさん三人。




屋外展望スペースからの景色  屋外展望スペースからの景色
屋外展望スペースからの景色  屋外展望スペースからの景色




こりゃたまげた。
本当に丸く見えるじゃないの!!。
確かにこれゃ絶景だわさ。



屋外展望スペースからの景色



東の果てに、犬吠埼灯台が小さく見えます。




日比友愛の碑 上から  日比友愛の碑 横から




さてこちらの展望館の庭には、
この日比友愛の碑があります。






日比友愛の碑



日比友愛の碑は、第二次世界大戦中、
不幸にして戦火を交えた日本とフィリピン両国の
民族と民族が互いの恩讐をこえて、
永く世界の平和を祈念するために、
昭和33年6月に建てられたものです。
この斜塔は友愛の浄火をかたどったもので、
炎の先端は遠く洋上3,000kmのフィリピン、
マヨン山(マニラ富士と呼ばれています)
に向って建てられています。


日比友愛の碑  碑文





撰文 尾粼士郎

此処に、われ等が恩讐を絶する日比両国の
戦友百数十万の霊を慰むるための記念塔を立
てる。悲しき歴史の運命について、われ等は
今日言うべき言葉もない。この儚き民族の
夢の影もなく消えていったあとに、祖国の難
に殉じて倒れた魂の、声なき声を、われ等は
心の底に聴く。希うところは、唯、この微か
なる響きを透して、あたらしき民族の生命の
芽生えんことのみである。
愛情の最後の一滴を捧げつくして、侘しく
滅びていった同胞の御霊よ。
此処に永恒をつらぬく悲しき思いを、世界
平和を築く荘厳なる理想と抱負に託して、こ
ころしずかに眠れよかし。

昭和三十三年五月中浣