元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

日本橋 宇田川 その二

営業時間 11:00〜13:50/17:00〜20:30(土曜日は昼のみ)
定休日 日曜日・祝日
103-0023 中央区日本橋本町1-4-15






→ 日本橋 宇田川 その一 〜お土産・特製カツサンド〜







日本橋 宇田川





本日はD番ですので、
近場の日本橋でランチです。
自称”カツドニスト”としましては、
一度は行ってみねばならない、
長年の課題店であった、
とんかつの宇田川に行ってみました。
基本カツ丼は大きく分類すると、
とんかつ屋系”と”蕎麦屋系”の、
二大グループに分かれ、
ワタシ個人的には後者が好みですが、
こちらは日本橋を代表する前者で、
創業五十余年の老舗です。




お昼のメニュー




典型的なカツ丼店の、
ランチメニュー構成ですが、
国産三元豚使用の高級店ですので、
値段はかなり高めの設定。
お土産・特製カツサンドは、
九年前より100円値上がりしています。




店内  卓上の調味料




白木のL字のカウンターと、
テーブルは二席のみ。
以前夜に接待で来たことがありますが、
その頃と比較すると、
最近改装されたのか、
とても綺麗になっていました。
カウンターには、
ケチャップベースの特製ソースと、
通常のソースに醤油とマスタード
そしてキュウリのお新香。
かつどんをお願いすると、
七味唐辛子が置かれました。





ほうじ茶とおしぼり  キャベツとキュウリのピクルス




熱々のほうじ茶とおしぼり、
サラダ代わりなのか、
突き出しでキャベツとキュウリの酢漬け。




かつどん定食(1500円)





かつどん定食(1500円)。




カツ煮  柔らかいとんかつ




わずかに赤身が残る
カツの断面の豚肉ですが、
これがとにかく柔らかくて、
脂身にも味が濃くでびっくり。
卵とじはほとんど卵を溶かず、
タマネギにプラスして、
シメジが何本か入りますが、
このカツ煮に良く合っています。
いや、さすがに美味いや、こりゃ。
でもそりゃ値段が値段だもの。





KK





シジミの味噌汁も美味しくて、
大満足のKKですが、
赤坂さん六さんのカツ丼大盛りの、
丁度二倍の金額ですから、
小遣い制のビンボー父ちゃんのワタシは、
そうそう気軽には来れません...。




家庭料理 さん六 その ↓
12345678910
11121314151617181920
21222324252627282930
31323334353637383940
41424344454647484950
51525354555657585960
61626364656667686970
7172737475