元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

利久庵

営業時間 11:00〜15:00/17:00〜20:30(土11:00〜16:00)
定休日 日曜日・祝日
103-0022 中央区日本橋室町1-12-16
公式サイト http://www.rikyu-an.com





利休庵



夜のイベントのお手伝いまで、
かなり時間があったもので、
夕方日本橋界隈をプラプラお散歩。
お酒を飲む訳に行かないので
入れるお店が限定されてしまいまして、
今までなぜが全くご縁の無かった、
昭和二十七年(1952)創業の、
蕎麦屋さんに入ってみたで。
地上3階、地下1階。
宴会と食事のスペースが、
ハッキリ分かれているみたい。



メニュー  肴のメニュー




場所が場所だけに、
少々高めな値段設定。
酒の肴も充実していて、
一人飲み、サシ飲みにもいいかも。





店内とカツ丼のお新香



一階は基本的に食事のスペースのよう。
帳場(レジ)にどっしりと、
男性店員さん?が座っているのも、
いかにも老舗蕎麦屋っぽい。
注文をするとすぐに、
カツ丼のものか?
このお新香が出ました。
このキュウリのぬか漬けが美味かった。




カツ丼(1150円)




カツ丼(1150円)。




カツ丼




豚肉はややカタメですが、
衣もサクサクでダシも旨し!
正統派の蕎麦屋のカツ丼でこざいます。





もり(680円)




もり(680円)。





蕎麦を手繰る



こちらも正統派の更科系。
コシが強く喉越しのよい蕎麦。
やや甘めでカエシの強いつゆ。
ただいかんせん量が少ない。
"三手繰り半"でおしまいデス。



蕎麦湯を注ぐ  蕎麦湯もKK




蕎麦湯は食べ終わる頃を見計らって、
急須にタプーリ頂けて大満足。
次回もこのような機会があれば、
多分伺うと思います。