元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

café VIA 〜荒川サイクリングロード その二 《笹目橋〜熊谷》(1)〜

営業時間 土日祝日 9:00〜16:00
定休日 平日
331-0061 さいたま市西区西遊馬3131
公式通販サイト http://viacycling.theshop.jp
公式Facebook http://facebook.com/VIA.saitama/
公式Twitter http://twitter.com/via_saitama





荒川サイクリングロード → その一《葛西臨海公園〜笹目橋【往復】》






JR津田沼駅でチャリを袋詰めする




後半の計画に備えて、
大人しく過ごすはずだった、
GW前半ですが、
またまた急な思いつきで、
ゾウと荒川CRの、
笹目橋から上流を、
走ろうということになりました。
まずはいつもの通りに、
"午前七時袋詰完了"目安で、
JR津田沼駅に集合デス。



水道橋駅で都営三田線に乗り換える




総武線各駅停車で水道橋駅に出て、
そこから都営三田線に乗り換えます。




西高島平駅でチャリを組む




都営三田線の終点、
西高島平駅にトウチャコしまして、
改札の先のスーパーの前で、
チャリを輪行袋から出して組立てます。



笹目橋  荒川サイクリングロード再開




さてようやく午前九時近くになって、
前回ココで葛西臨海公園に折り返した、
笹目橋の南西の袂の、
板橋区和光市の境界線に出ました。
荒川サイクリングロード全走破に向け、
二年三ヶ月ぶりの再スタート!



朝霞水門




しばらくは道幅も広くて舗装も良くて、
スイスイ楽チンで鼻歌でWho!!
この写真の朝霞水門など、
多少の上り下りはありますが、
計算通りの追い風ピュンピュン。



砂利道  秋ヶ瀬取水堰




しかし徐々に工事中が多くなり、
秋ヶ瀬取水堰の手前など、
砂利道がいくつかありまして、
巡航の平均スピードはガタ落ちです。



志木市内のスピード抑制舗装  治水橋手前の砂利道





志木市内はこの、
チャリのスピードを抑制する、
凸凹舗装が多数あってげんなり...。
また今日はチャリ用のボトルを忘れてしまい、
西高島平駅の自販機で、
クリスタルガイザーを買ったんだけど。
知らぬ間にキャップが取れていて、
ボコボコの度に散水していたようで、
ほぼほぼ空っぽになってしもうた。
富士見市を過ぎて、
さいたま市西区に入り、
治水橋で対岸に行く予定ですが、
またもや砂利道でもういやださいたま。




治水橋  対岸で迷う




どうにか治水橋を渡りまして、
無事荒川の北側の対岸に出ました。
しかし荒川自体からかなり離れてしまい、
どう戻ればよいものか、
しばらく迷いました。
ゾウが行きたいと言っている、
チャリダー御用達の古民家カフェは、
もっと荒川のすぐ近くのはず。





café VIA入口  café VIA





Googleマップのナビに騙され、
一度は通り過ぎてしまいましたが、
どうにかcafé VIA の入口に辿り着きました。





café VIA  café VIA




流行の古民家カフェ、
「VIA」と記し、
「ヴァイア」と読むとか。
駐車場もありますが、
皆さんほとんどチャリで来店のよう。
土日祝日の昼間のみの営業です。







サイクルラック  馬小屋





かなり長いサイクルラックが置かれていて、
ずらりとロードバイクがぶら下がります。
乗馬の施設も併設されていて、
すぐ近くに馬が何頭かいましたが、
驚くほどに馬の臭いは全くしません。






店内入口  店内





古民家の玄関がお店です。
セルフのカフェテリア方式で、
サンドイッチやスイーツ、
ドリンクを注文して、
出来上がりの呼び出しを待ちます。
店員さんもサイクルジャージ着用。
オリジナルのジャージや、
サイクルキャップ等の、
チャリグッズ販売もあります。





シンボルの自転車




ツイッターのアイコンにもなっている。
このカラフルなカバーのチャリかわいい。





埼玉産ポークバジルサンド【固いパン】(700円)+アイスコーヒー(400円)




ワタシは埼玉産ポークバジルサンド【固いパン】(700円)
アイスコーヒー(400円)。



埼玉産ポークバジルサンド【柔らかいパン】(700円)+アイスカフェオレ(50





ゾウは埼玉産ポークバジルサンド【柔らかいパン】(700円)
アイスカフェオレ(500円)。





ポークバジルサンド





確かに味は本格派で美味いんですが、
ココはおっさん二人で来る店ではないな。
夫婦やカップル、
男女チームのチャリダーには、
かなりオススメでございます。