元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

そばうどん おくとね その百三十七 〜追悼 アレサ・フランクリン〜

営業時間 7:00〜20:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
105-0004 港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1






→ 「そばうどん おくとね」過去記事一覧







小学五年の春休みに、
他の映画の上映前に、
予告編で観たカーチェイスを目当てに、
友達数人で本八幡の劇場に観に行った、
映画『ブルース・ブラザーズ』。
もちろんアクションも面白かったんだけど、
それよりも強い衝撃を受けたのは、
R&Bやブルース、ソウル、ファンクといった、
生まれ初めて聴いた、
魂が揺すぶられるような音楽の数々。




ザ・ブルース・ブラザーズ <OST1000>

ザ・ブルース・ブラザーズ




大久保商店街のレコード店で、
サントラのLP版を買い、
カセットテープにダビングして、
ラジカセで毎日毎日聴いておりました。
そんな思い入れのある映画なもので、
いろいろと影響を受けましたが、
ガキの頃からこの歳になっても、
身長差がある男性二人組を見るとつい、
「◯△□のブルース・ブラザーズ
と、名付けてしまう困った習性。




おくとね





そんな訳でいつの頃からか、
コチラの男性お二人を、
「おくとねブルースブラザーズ」として、
「ジェイク=ジョン・ベルーシ
「エルウッド=ダン・エイクロイド
と、勝手に名付けておりましたが、
こちらには女性お二人もいらして、
全く似ている訳ではありませんが、
やはりあの映画の中で、
一番衝撃を受けた女性歌手といえば、
アレサ・フランクリンと、
ジェームズ・ブラウン神父のバックの、
聖歌隊の中にいた、
チャカ・カーンだったもので、
これまた勝手にアレサだ、
チャカだと呼んでおりました。










謹んで哀悼の意を表します。





まいたけ天玉そば(500円)






まいたけ天玉そば(500円)。





まいたけ天玉そばを手繰る




奇しくもエルウッドの調理で、
アレサがネギと卵を入れてくれた一杯は、
ほぼ一ヶ月ぶりのオクトネーション。
身体に沁み入る美味さでございました。





KK





本日は本物のアレサに捧げる献杯とします。
ご冥福をお祈り申し上げます。