元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

「黒澤明 DVDコレクション」19『わが青春に悔いなし』

公式サイト https://publications.asahi.com/kad/





黒澤明 DVDコレクション」 
→ 1『用心棒』
→ 2『七人の侍』
→ 3『赤ひげ』
→ 4『椿三十郎』
→ 5『天国と地獄』
→ 6『羅生門』
→ 7『乱』
→ 8『隠し砦の三悪人』
→ 9『生きる』
→ 10『蜘蛛巣城』
→ 11『醉いどれ天使』
→ 12『野良犬』
→ 13『静かなる決闘』
→ 14『悪い奴ほどよく眠る』
→ 15『影武者』
→ 16『生きものの記録』
→ 17『どですかでん』
→ 18『どん底』
黒澤明監督作品と「スター・ウォーズ」シリーズ 
→ その一その二
→ 「黒澤明という時代」(文藝春秋)
→ DVD「羅生門」その一
→ DVD「生きる」・「赤ひげ」
→ DVD「姿三四郎」・「續姿三四郎」
→ DVD「一番美しく」
→ 「黒澤明」関連の記事









黒澤明監督作品、
戦後第一作目です。
終戦直後にGHQが、
占領政策を推進する為に奨励した、
プロパガンダ映画の一種である、
「民主主義映画」に分類される作品で、
京都帝国大学で発生した、
言論弾圧の滝川事件や、
ソ連のスパイ諜報活動、
ゾルゲ事件をモデルに、
戦前、戦中の暗黒の時代に、
自我の確立を目指して生きる、
強い女性の姿を描いています。
日本映画史上に燦然と輝く、
かの大女優、原節子さんが、
「監督さんに初めて怒鳴られた」
という伝説があります。
また後に黒澤明監督作品の、
その特徴の一つとなる、
パンフォーカスが、
電力不足により、
実現出来なかった時代。
ラスト20分間のシナリオも、
様々な政治的な圧力により、
書き換えを余儀なくされたんだとか。