元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

「励み場」(ハルキ文庫)


→ 「伊賀の残光」(新潮文庫)
→ 「春山入り」(新潮文庫)
→ 「白樫の樹の下で」(文春文庫)
→ 「かけおちる」(文春文庫)
→ 「鬼はもとより」(徳間文庫)
→ 「つまをめとらば」(文春文庫)




励み場 (ハルキ文庫 あ 31-1)

励み場 (ハルキ文庫 あ 31-1)




すっかり大ファンになってしまった、
青山文平さんの最新文庫化作品は、
直木賞受賞後第一作の長編小説。




江戸時代中期、
戦国時代は領主と家臣だった武士も、
土着して帰農し、
「名主」となった殿様の家来は、
武家とはいえ、小作よりも、
蔑まれていたという「名子」という身分。
この「名子」出身の夫と、
自分が「名子」出身であることを、
心に秘めたままの再縁の妻。
勘定所の普請役で真の武士に戻りたい夫と、
それを叶えさせたい妻。
己の「励み場」とは何か?
夫婦とは、家族とは何か?



過去の短編に少し似た設定があり、
その部分はすぐにピンと来てしまいましたが、
この小説は本当に素晴らしい傑作。
青山文平作品中でもピカイチですし、
最近読んだ本の中でも最も感動した作品。
語り口が美しく、人々が美しい。




「紫陽花はまだ咲いていた」




「もうすぐ、あのひとが還ってくる」




この「まだ」と「還って」に涙が止まりませんでした。