新・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

「京都・醍醐寺 〜真言密教の宇宙〜」サントリー美術館 その三

開催期間 2018年9月19日(土)〜2018年11月11日(日)
開催時間 10:00〜18:00(入館は閉館の30分前)
(金曜日・土曜日・9/23(日・祝),10/7(日)は20:00まで)
休館日 火曜日(11/6(火)は18:00まで開館)
観覧料金 一般1,500円(前売1,300円)、大学生・高校生1,000円(前売800円)、中学生以下無料 
107-8643 港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階
公式サイト https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_4/index.html






サントリー美術館 → その一(国宝三井寺展)その二(高野山の名宝)




京都・醍醐寺展




さて最後は上野・東博から、
日比谷線で六本木に出まして、
四年ぶり三度目のサントリー美術館




醍醐寺展




平安初期の貞観十六年(874)、
空海の孫弟子の理源大師聖宝が、
創建した醍醐寺の特別展。
聖宝は准胝観音如意輪観音を、
笠取山頂上に安置して開山し、
同山頂付近を「醍醐山」と名付けました。






重文 如意輪観音坐像  国宝 大日経開題 空海筆  



「第一章 聖宝、醍醐寺を開く」
ですが、冒頭いきなり今回のメインである、
重文の如意輪観音坐像がドーン。
そして国宝の空海筆、大日経開題と、
これでもか、これでもか。



国宝 薬師如来坐像両脇侍像  聖宝坐像




現在の醍醐寺の本尊である、
国宝の薬師如来坐像両脇侍像は大迫力。
創建者の聖宝坐像がしたり顔でなかなかリアル。





重文 五大明王像





「第二章 真言密教を学び、修する」
しとて、何度か他の特別展でお逢いした、
重文の五大明王像が登場。
大威徳明王の乗る水牛のチョッパーくん久しぶり。



国宝 三国祖師影 





「第三章 法脈を伝える ─ 権力との結びつき─」
は、絵画、書状と国宝がずらり。
この三国祖師影も当然国宝。
 




金天目・金天目台  重文 醍醐花見短冊 





「第四章 義演、醍醐寺を再びおこす」で、
秀吉絡みの展示が並びます。
いかにも金ピカ秀吉好みの金天目・金天目台や、
豊臣秀頼前田利家の重文・醍醐花見短冊。




重文 三宝院障壁画 柳草花図(表書院上段之間)





最後はどどーんと、
重文の三宝院障壁画・柳草花図(表書院上段之間)  
に、見送られました。





いやいや流石に三件ハシゴは疲れちゃった。
みろくの万歩計によると、
一万数千歩歩いていたとか。