元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

Prime Video「帰ってきたヒトラー」

公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback/





昼ドキが移動の時間になりまして、
昼飯抜きで夕方になってしまって、
ランチネタがありません、
明日もそうなりそうな悪寒。
ラーメン連続記録も、
13日で終了となりました。
さて、いつも通り、
貯金ネタでスンマソン。






「正義と悪は紙一重」と云いますが、
人類の歴史上ほぼ唯一に違い、
《絶対悪》のヒトラーを、
コメディタッチで茶化すかのような、
その内容に驚愕しました。
それも原作はドイツの作家で、
映画の製作もドイツです。
日本の大東亜戦争開戦については、
ヒトラーのような独裁者はおらず、
ユダヤ人への迫害もありませんが、
西洋人がよくヒトラーと比較する、
東條英機元首相が、同じような、
役柄をするような小説、映画が、
日本で果たして製作出来るだろうか?
炎上などという生易しいものでは、
すまされないほどに、
絶対不可能でしょう。
これは国民性の違いなんだろうか?
ドイツが東西に分断されていたから?
それとも戦後の日本人は、
GHQに洗脳教育されたから?
いろいろと考えさせれる映画でした。