新・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住日本橋勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

「夫のちんぽが入らない」(講談社文庫)

何度か似たようなことを、

度々書いてはおりますが、

所謂「純文学」≠「私小説」が苦手なワタシ。

田山花袋谷崎潤一郎

芥川龍之介太宰治も、、、

皆、自分の恥部を曝け出し、

挙句、精神に異常来たして、

病になったり、死に至ったりと、

正直読んでいて全く面白いと思えない。

 

 

 

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

 

 

 

衝撃的なこのタイトルで話題になったこの作品。

いやこれは完全な「私小説」であり、

堂々たる「純文学」。

それでいてとても面白い。

そして優れた「随筆」でもあると思う。

タイトルで生理的に拒絶している方もいるとおもいますが、

勿体ないので是非読んでほしい作品です。

 

 

f:id:makoto-jin-rei:20190112071520j:plain


とは言え、レジに持って行き辛いという意見が多いのか、

こんなカバーの付いた装丁もあるようデス。