元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

福徳の森 薬祖神社 その二

祭神 大穴牟遅神少彦名命
103-0022 中央区日本橋室町2-5-8
公式サイト http://www.yakujikyo.or.jp/festival/history.html




→ 薬祖神社 その一 〜薬祖神祭〜 (移転)
→ 福徳神社 (芽吹神社)
→ 大阪 少名彦人事 (神農さん)





薬祖神社





いつもよりも一本早い、
始発電車に乗れてしまい、
あんまり早く会社に行っても、
仕方がないので、
日本橋室町をお散歩しました。
あれ?、いつの間にか、
日本橋本町のビルの屋上にあった、
薬祖神社が福徳の森に、
遷座したようです。




御由緒




そもそもこの薬祖神社は、
明治四十一年(1908)、
上野公園の五條天神社より、
医薬の祖神二柱とされる、
大穴牟遅神(≒大国主)と少彦名命を迎えて、
大祭を挙行したことに始まったそうです、
最初は昭和四年(1929)に、
旧薬貿会館の屋上に造営され、
昭和五十八年(1983)に、
この昭和薬貿ビルに改築となった際に、
二代目の社殿が造営され、
平成二十八(2016)にここ福徳の森に、
この三代目社殿が造営され、
遷座されました。





三代目社殿



以前は、祭礼以外の日には、
一般人はおいそれと、
参拝出来ないビルの屋上だったので、
ご祭神もお慶びのことと思います。