ホンダ PCX150〈ABS〉(2BK-KF30) その七

公式サイト https://www.honda.co.jp/PCX/





ホンダ PCX150〈ABS〉(2BK-KF30) 
その → 
→ 「PCX150」関連の記事







バイクショップのピット





「もうカスタムは終了しました」
と、先日申しましたが、
年末に注文したモリワキのマフラーと、
先週取り寄せをお願いした、
純正グリップヒーターが届きましたので、
PCX150を日帰り入院させて来ました。








グリップヒーター




コードはちょっと野暮ったいものの、
純正なのでデザインを損ねることもなく、
まるで最初から付いていたかのような佇まい。




左のグリップ




グリップもややダサいんですが、
太さはほぼデフォのグリップと変わりません。




グリップヒーターのスイッチ




五段階に温度調整が出来て、
電圧低下時には電源供給を停止するので、
アイドリングストップでも安心です。
いやしかしこれホント温かくて、
多くのバイク乗りが、
「冬にグリップヒーターのないバイクは乗りたくない」
と、いう理由が分かりました。










MORIWAKI ZERO WTを装着したPCX150



で、二年越しで、
待ちに待ったマフラーの交換で、
MORIWAKI ZERO WTを装着。



MORIWAKI ZERO WT  MORIWAKI ZERO WT




デザインは虹色のアノではなく、
落ち着いたチタンを選んだので、
やや地味であまり目立ちませんが、
おっさんのスクーターには丁度いい感じ。







実は正直見た目重視で、
あまり期待をしていなかった、
"音"と"走り"ですが、
音量=デシベルは純正と比較しても、
さほど高くはないんですが、
アイドンリングは重低音で、
ドコドコドコと響き、
中低速でキレイに抜ける感じ。




MORIWAKI ZERO WT




高速はまだ走ってないけど、
中低速のトルクも落ちいてませんし、
何よりも燃費が全然変わらない。
つーか、ちょっとよくなってない?
こりゃ、換えてヨカッタなぁ。




MORIWAKI ZERO WTを装着したPCX150




さて、最初のツーリングはどこに行こう。




あ、カスタムはもうホントに終了デス。
シートもサスペンションも換えません。




多分。



おそらく。
( ̄▽ ̄;)